読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

I READ THE NEWS TODAY, OH BOY

舞台、俳優DD、サブカルかぶれ等

映画「PとJK」/脚本にすべてが屈するのは斬新すぎると思う

f:id:plus14:20170511023101j:plain

 

 遅まきながら見てきました噂の「PとJK」。高杉真宙が見たい~高杉真宙が見たいな~金髪の高杉真宙が見たいよ~と1ヶ月近く騒いでいたら友達が遊びに誘ってくれました、やったあ!

 私はこういう、まさしく「PとJK」のような、当人たちはいたって真剣に作っていたが、結果としてめちゃくちゃ面白くなってしまう映画が大好きです。その点で「PとJK」は面白映画大賞2017に首位でノミネートされるべき作品なのですが、検索をかけると女子高生が「亀梨くんに胸キュンした」しか言っていないので、マジかよ……と思ってしまいます。私はさまざまに絡み合った大人の事情や、恐らく撮影期間中に発生しまくったであろう監督やプロデューサーと脚本家との折衷を想像して、非常に「面白いなぁ~」という気分になってしまいました。 そういう感想です。

 

 前情報でスタッフについて何も知らなかったので、エンドロールで知ったのですが、本作は昨年記事で絶賛した「オオカミ少女と黒王子」と同じ廣木隆一監督の作品でした。

映画「オオカミ少女と黒王子」ーー共依存への没入。 - I READ THE NEWS TODAY, OH BOY

 「オオカミ少女と黒王子」が内向きで根暗なタイプの恋愛をするエリカの物語であるのに対し、「PとJK」はとことん外向きかつ前向きでネアカな恋愛をするカコの物語で、全く違うタイプのヒロインがそれぞれ登場人物に絡んでいくことになるのですが、それにしても廣木監督が「PとJK」でストーリーをコントロールできずに前半のうだうだ感とコント感を生み出してしまったのは、どう考えても脚本が悪いとしか思えません。

 綺麗な空想世界の中で(それは二階堂ふみ玉城ティナといった非現実的な雰囲気のキャストによって成立している)他者への好意について自己と向き合い続けるエリカという一貫したテーマを持っていたために文学的ですらあった「オオカミ少女―」を観てからだと、「PとJK」は結婚→友情→真実の愛、とテーマが二転三転していくのでブレている印象を受けてしまい、全体としてのまとまりを大きく欠いていると言わざるを得ません。中盤の大神が過酷な家庭環境の中でもカコたちの救いの手を受けて学校に行きたいと願うようになっていく件とか、いい話なんだけど、結婚とは何の関係もないじゃないですか。しかも大神は引っ越して退場するので最後の山場にはいないし、120分超という長さを鑑みても亀梨担からは「大神のくだりイラネ」という謗りを免れないように思うのですがどうなんでしょうか。

 個人的にはこの映画のキャストの中で一番高杉真宙が好きなので着ぐるみの中から大神くんが登場した時は思わずスタンディングオベーションしそうになりました。応援上映があったら廃墟での喧嘩のところでメガホン持って大神くんを応援したいです。

 私はクソなコンテンツやヤバいコンテンツに出会ってしまうと(よっぽどお金を払っている場合は除く)怒りや呆れよりも「どうしてこんなコンテンツを世の中に出してしまったんだろう」という疑問が先行していろいろ考え込むという癖があるのですが、「PとJK」において最も大きい理由はずばり「大人の事情」これ以上でも以下でもないと思います。

 もう◯◯を映画化しよう!とかそういうクリエイティブな話ではなくて、広告代理店とスポンサーありきの、「映画の中ではこれをしなければいけない」「誰を起用しなければいけない」「何を使わなければいけない」という制約だらけの映画です。最近量産されている胸キュン映画の中にこのような類型は多く見られるのかと思いますが、まさしく本作がその典型例でしょう。不自然に使われるドローン(多分、クレーンカメラでも良かったと思う)、エンドロールに躍る「藤島ジュリー景子」の文字、突然始まるブルーノ・マーズの曲にのせたフラッシュモブなどが挙げられます。「大人の事情」そのものを体現したような映画ですね。多分、亀梨くんの上司役に田口トモロヲを起用したのは絶対に大人の事情は絡んでいないと思いますが。 あと、玉城ティナちゃんは、「オオカミ少女―」では二階堂ふみ小島梨里杏/武田玲奈という美少女たちに囲まれてそれなりに馴染んでいたのですが、本作ではなかなか浮いています。すごい浮きっぷりです。なんだかティナちゃんの周りだけ世界が違う感じがします。

 「オオカミ少女と黒王子」が、本当はキョロ充なエリカが映画本編を通してキョロ充であることを受け入れる物語だったので比較的キョロ充的なオタクへの親和性が高かったのに対し、「PとJK」のカコは完全にウェイ充だったので、一部のオタクから土屋太鳳が激しく憎悪を集めているのも、こういうウェイなキャラが異様に似合ってしまう土屋太鳳だからこそなのかなと改めて納得しました。男女混合グループで仲良しというのもいかにもウェイです。

 

 冒頭で「PとJKはいたって真剣にやっているが本当に面白い」と書きましたが、特に前半がギャグとしてしっかり成立してしまっている要因は、緩急のつけ方に端を発しているのではないかと推定されます。 たとえば亀梨くんの両親へ結婚を報告するくだりなどに見られる「真剣なムードの中で登場人物が急におかしなことを言い出す」というような堅苦しいムードから緩いムードに持っていく緩急のつけ方は、完全にコントの手法です。真面目な場でおかしなことを言うボケに「なんでやねん」とツッコむというような状況はコントにおいてしばしば見られるものなので、例に挙げた結婚報告のシーンのように多少なりとも笑っていい感じのする場面であればまだいいのですが、その他のシーンでも脚本家が意図していないであろう形でそういう風に笑いを取ってしまうため、冷静に考えるとなかなかキツイものがあります。

 あと、あんまりこういうこと書くと怒られてしまいますが、終始警察賛美で話が進んでいくので、なんかキモいなぁと思いました。PとJK観に行って何言ってんだって感じですが、これを観た全国のジャニオタが思考停止した状態で警察ってすごい!という考え一辺倒になってしまうのは正直気持ち悪いです。全国上映の作品なんだからもうちょっと「土屋太鳳→亀梨くんへの好意」と「警察すごい」を切り分けて描こうという話にはならなかったのでしょうか。撮ってると感覚麻痺してきそうですが。前に有名なストーカー殺人事件の実録本を読んだことがあるので、なんだか警察官の仕事を一辺倒に賛美しているのがイヤでした……もうちょっと中立的な書き方できなかったのかな~。右巻きだなあ~。警察24時を見ているような気分になったのでバラエティと同レベルかよ!と思ってしまったけどきっとこれも脚本のせいなのかなあ。

 廣木監督の撮る画面には、異様に登場人物のアップを多用する、走るカットを多用する、風景描写が多い(つまり、極端な引きか極端な寄りかの二極化している)のですが、とにかく画面の綺麗さについては安定したものがあるので、画的な方向から見るとかなりおすすめできる映画です。

 大神くんのとこだけ収録されたDVD出たら3枚買う。優勝は大神くんです。

 

 

ぴあステージサービスは本当に必要としている人にとって全く意味がない

 大手プレイガイド・チケットぴあが新しく「ぴあステージサービス」なるものを始め、俳優オタ界隈が若干この話題でざわついています。 個人的には戦隊を始めとする東映関係のチケ発で散々お世話になったので、どういう内容なんだろーと気になってサイトを覗いてみました。

http://t.pia.jp/info/stage-service.jsp

 サービスの内容としては、

①年間チケット購入回数に応じて会員をランク分けし、プレリザーブの当選確率が上昇する権利を付与する

②ぴあプレミアムに加入(ぴあカードを発行し、初年度無料/2年目以降4,104円の年会費を支払い)すると自動的に三段階のうち最上級である「プラチナ」にランク分けされる

③プラチナ会員はweb経由でのチケット先着発売時にサーバーに繋がりやすくなる

 といったもののようです。一見チケットが取りやすくなったように見えますが、最上級であるプラチナ会員へのアップグレード基準が「年間チケット購入回数4回以上」という、異常にヌルいものであることが引っかかります。これではオタとは言い難い、よくプレイガイド経由でチケットを購入して演劇やコンサートを観に行く程度の人でもプラチナ会員になってしまうでしょう。 ぴあを利用する人たちの何割ほどがプラチナ会員にランク分けされているのか、暫定的にツイッターでアンケートを取ってみました。

  設定ミスで記事公開直後の時点では集計中表記になっていますが、どれかを選択すると回答を見ることができます。

 ぴあで年4回以上チケットを買う→プラチナ

 ぴあで年2~3回チケットを買う→ゴールド

 ぴあで全くチケットを買わない/ぴあで年1回チケットを買う→一般

 という簡単な区分でかまわないので、読者の方も投票してみて下さい。

 さて、アンケート結果を見ると、およそ5割もの回答が「プラチナ」になっていることがわかります。これは大変な数字です。頻繁にチケットぴあを利用する層/チケットぴあを利用する可能性のある層である俳優オタのプラチナ会員率が5割を超えているとなると、例えば舞台挨拶の申し込みに5000名義が集まった場合、プラチナ会員は当選確率アップ券を2枚保有しているため、プラチナ会員のうち更に半数が当選確率アップ券を使用するという非常に甘い見積もりをしても、全体の2.5/10が最も当選確率の高い人々になるため、1250名義が同じ土俵で当選を争うことになります。 こう書くと「1/4に確率が下がるならいいじゃ~ん」と思ってしまいますが、問題は「プラチナ会員」が現時点ではぴあプレミアム会員と同列の扱いを受けていることです。

 現在、ぴあカードの会員にはぴあカード会員限定の「いち早プレリザーブ」への申し込み権利、プレリザーブでの当選確率上昇(確率非公開なので、実際にはいくらでもいじれてしまいますが)などの特典が付与されています。2年目以降の年会費は4,104円と比較的高額です。(でも積むよりは全然安いんですけど…)

  こちらも設定ミスでしばらくは投票しないと結果が閲覧できないのですがどちらかを押してみてください。 俳優オタの2割程度がぴあカードを契約していることがわかります。先述したアンケートでは5割がプラチナ会員と回答していたので、年4,104円(審査あり)と、コンスタントにチケットを申し込んでいれば無料、というハードルの大きな違い、ヘビー層にしか需要がないサービス内容を加味すると思ったより多くのオタがぴあカードに申し込んでいることがわかりました。0.5~1割くらいかと予想していましたが、それ以上にみんなぴあカードに申し込んでいるのですね。

 ぴあカードを契約していないがプラチナ会員だという3割程度の層については、「普通に申し込んでいたらなっていた」「18歳以下なのでクレジットカード契約ができない」といった事情が考えられます。

 つまり、「絶対にチケットが欲しい」というマジな人たちはそもそもぴあカードを契約してぴあプレミアムに入り、最も高いランクの当選確率を確保していたので、ぴあステージサービス開始によりメリットは全く無いどころか、新たに3割の人々が最も高いランクの当選確率ゾーンに流入してくるというデメリットをこうむることになります。

 そもそもこのような「チケ発選民サービス」を必要としているのは、「やむを得ない時は積むけどできれば積みたくないからお金払うので選民してほしい」とかそういう人たちであり、ムダなお金を払いたくないというのは人間の基本的な感情で、そういう人たちはぴあステージサービスなどという愚かなシステムが無くとも年会費を払ってぴあプレミアムに加入していたので、そこに新しい層が流入し、当選確率が低くなるという事態になれば、世が世ならチケットぴあには火炎瓶が投げ込まれていてもおかしくありません。

 ぴあステージサービスは、最もこのようなサービスを待ち望んでいた層にとって全く意味がありません。

 また、先述したサービス内容の「③プラチナ会員のweb経由先着発売の優遇」についても、確かに「公演に入れればいい」程度の人にとっては滑り込めた的なことが発生するかもしれませんが、コンマ1秒で争うような激戦チケ発をしている人はそもそもwebなんか使いません。スクリプト組んでる業者とかは別ですよ。一般人の話です。こればかりは始まってみないとわかりませんが、現時点で最強のぴあ店頭回線やそれに次いで良く繋がるコンビニの機械に対して、一般家庭にひかれているような回線、ましてやスマホを経由した携帯キャリアの回線などが勝てるとは到底思いません。最前狙いでぴあの店頭で徹夜をしているようなオタは、変わらずぴあの店頭で徹夜をし続けると思います。雇われホームレスも変わらず、ぴあの店頭で徹夜をし続けるでしょう。

 コンマ1秒で競っているのですから、そもそもサーバーに直接繋がっているぴあ店頭と、一般家庭のPCやスマホなどを比較するのが無理な話です。「つながりやすくなる」とか書いていますが、これは何も知らない一般人に「ぴあはヘビーユーザー優遇をして偉いなぁ」とか思わせるための欺瞞でしかありません。本当にヘビーユーザー優遇をするなら、たとえば店頭販売の先着順を「朝7時以前はぴあカード所持者のみ並べます、一般の整列はそれ以降」などとするべきです。まあそれでも転売屋もカード持ってるので無意味でしょうが……

 ぴあステージサービスの開始により、「元々のぴあカード所持者、なおかつ年に2回程度しか激戦チケ発に申し込まない人」にとって、ぴあプレミアムの持つ価値はほとんど無くなってしまいました。一部の公演で最速先行申し込みが実施されているので、唯一そのためだけに使える感じでしょうか。 しばらく様子を見たいと思いますが、本当にぴあステージサービスのプラチナ会員がぴあプレミアム会員と同等に扱われているようであれば、私はぴあカードの解約に踏み切りたいと思います。

 長々と失礼しました。

 

 

完全藤原まつり義経公東下りマニュアル(神イベなので推しが出たら行ってください)

f:id:plus14:20170503160903j:image

 

ノリと勢いで行きました。藤原まつり。

当初は「や、馬に乗って街を練り歩くとか意味不っしょw」って感じだったのですが、だんだん馬に乗る推し…… Beautiful World…… 自分の美しさ、まだ知らないの……?It's only love……とテンション宇多田ヒカルになってしまったので、宿取って新幹線取りました。結果として藤原まつり最&高〜〜〜!!!と叫ぶbotと化してしまったので、後世の推しが馬に乗って街を練り歩くことが決定した皆さんを神イベに無理やりでも行かせるためにレポを書きます。みんな、平泉行こう! 平泉万歳! ありがとう源義経!! ありがとう平泉観光協会!!

 

毛越寺場所取りバトル編

義経東下りがそもそもなんなのかというと、なんか昔の出来事を再現するために平泉にある毛越寺から中尊寺まで馬に乗って練り歩くよお!(ちな、内訳3km)という鬼畜イベントなのですが、スタート地点の毛越寺ではお面の女の人の鈴の音に合わせて池を周回するという謎イベが発生するため、この義経東下りをまず最初に抑えたいのであれば毛越寺での場所取りは必須になってきます。

f:id:plus14:20170503162041j:image

※雑な図でもうしわけない

池は毛越寺の境内にあり、まず①11:40ごろに毛越寺事務所に車で入り ②12:40に毛越寺本堂から登場、演者紹介 ③歩いて池に向かい、池に向かって右手のボートに乗る(左手にもボートがありますがおじさんしか乗りません。罠です)④池を恐ろしくゆっくり周回(30分くらいかかる)したあとボートが同じ場所に着くので徒歩で馬に乗りに向かう、そのまま馬で境内の外へ という流れになっています。(変わってても責任はとらない)

ここで重要になってくるのは演者が歩いて池に向かうというポイントです。めーちゃくちゃ近くに来ます。爆レスが期待できますが、爆レスのためにおすすめな場所はというと!じゃかじゃん!ピンクの星の地点ですね!!ハ?なんで?と思う方のために理由を説明します!!ちなみにこの場所は高杉真宙ちゃんのおたくに教えてもらいましたありがとう愛してる。

f:id:plus14:20170503163200j:image

また下手くそでごめんな。黄色が境内で場所取り可能なスペースを線引きするロープ、グレーが演者の移動経路、がその他演者が池イベントを見守るための椅子です。池の向かって左側には、演者の座るための椅子が設置されてしまうので必然的にボートに乗る俳優は遠くなってしまうのですね。なので意地でも向かって右側を取れ!!! ピンクの場所を取っておけば、斜めにロープがひかれているのでボートから降りてくるときにイケメンの視界に入り込むことができます。

ではこの場所を取るためにはどうすればいいのでしょうか。参考までに書くと、毛越寺の開門は朝8時前後ですが、2017年は7時の時点で11人のオタが並んでいました。はっきり言って最前ではないと何も見えないので、7時前後がデッドラインといえるでしょう。最も強いのはずばり前乗り→早朝並び組です。夜行バスも悪くないですがギリギリの戦いになることを覚悟しましょう。てか横浜流星くんより人気ある俳優だったら多分前乗りしないと絶対無理〜!!前乗りしような。

朝8時に場所を取ってからは12時40分までずーーっと暇なのでそのへんをうろうろしたり(再入場できたよ)広場で地元の中学生の合奏を見たり宝物館で仏像を見たりして時間をつぶしてください。私はサイケゴアトランスアイドルの動画を見てたらサイケゴアトランスサウンドにお寺の鐘がゴーンってなっていい感じに重なったのですげーなーと思っていました。

f:id:plus14:20170503164244p:image

f:id:plus14:20170503164346p:image

近くて楽しい。

 

毛越寺中尊寺デスロード編

藤原まつり2017は晴天だったので朝は風が寒いのに昼はクソ暑いというめーちゃくちゃ地獄な状況が生成されてしまいまさにデスロード。死を目前に感じながらの行軍と化してしまいました。

f:id:plus14:20170503165540j:image

デスロードはこのようになっております。このイベントはあくまでも歴史準拠なので最短ルートなどというものは通らず中尊寺通りという街道を使ってありえん遠回りをしながら向かうのが特徴です。

毛越寺を出発してしばらくは現地のミーハー女子による大行列が馬のまわりに発生しますが、ありえん遠回りをするにつれ、列についていくのがガチ勢だけに絞られていくのがこのデスロードの特徴です。そんなデスロードでもコツさえ掴めば爆レスをもらうことが可能!! 現地人が大量に存在するため、オキラでもどさくさに紛れて爆レスをもらえます。これは攻略するしかない!

まず大前提として、ただ漫然と列についていくより少し先回りして最前列で待ち構える方が絶対においしいです。これは覚えておいてください。漫然と列についていくのでは埋もれたままデスロードが終了します。これは非常にもったいない。策としては、毛越寺の突き当たりになる平泉駅前で一旦行列がストップするため、平泉駅前でのギャラリーはせずにさっさと中尊寺通りに向かい、(駅前さえ抜ければ結局どこでもいいのですが)人の少ない場所で待機するのが賢明でしょう。

デスロードの中でも特におすすめの待機ポイントがこちら!

f:id:plus14:20170503170310j:image

かしこい読者の方はお気づきになるかもしれませんが、踏切の20mくらい手前です。東下り列が踏切を通過する際、調整のためにしばらく動きを停止することがあります。10分くらい止まることもあるので、そのあたりで待機して存分に写真を撮りまくりましょう。もう飽きたな〜ってくらい至近距離で撮れます。馬があらぶることもあるのでエキサイティングで愉快です。

f:id:plus14:20170503170630j:image

f:id:plus14:20170503170633j:image

もうええわ〜ってくらいレス貰った。オキラなのに。藤原まつりは神イベ。ピースの瞬間をうっかり逃したのでバカ。

ちなみに、「無量光院跡」を少し過ぎたところにめーちゃくちゃ綺麗な公衆トイレがあるので是非入ってみてください。あと「やお清」って八百屋さんではなぜかわたあめをタダで配っていたので軒先でわたあめをご馳走になっていたら八百屋一家の集合写真に入れてもらいました。愉快だった。

f:id:plus14:20170503170902j:image

やお清には歴代義経の写真も。

 

中尊寺ハードコアトレーニング編

デスロードを歩いていくとやがて中尊寺にたどり着きます。道全然わからなくても沿道にやたら人が座っているのでそれを辿っていけば大丈夫。

中尊寺のヤバさは坂にあります。六本木ブルーシアターの鳥居坂×20って感じの坂を黙々と上ることになります。つらすぎ。本当につらいです。体力がないと酸欠で死にそうになるのでがんばりましょう。終点の金色堂では演者の挨拶が行われるので、なるべく東下り列より先に金色堂にたどり着き、金色堂の正面の場所を確保することをおすすめします。坂つらいけど。

金色堂東下り列が辿り着くと、それぞれ馬から降りた演者によって焼香が行われ(「推しの焼香を見守る」というレアイベントが発生します)中尊寺のえらい人が挨拶をします(「寺のえらい人の話をオタ一同で聞く」というレアイベント)。最後に演者がそれぞれ締めの挨拶をし、義経東下りは終了です。帰りは演者が平泉町の車で坂道を爆速で下っていくのを見送り、また来た道を黙々と徒歩で下るのです……。

f:id:plus14:20170503171654j:image

このような感じ。

平泉駅まではまた3kmとかあるので歩く元気のある人は歩けばいいと思うけど私はムリだったのでタクシー乗りました。タクシーの運転手さん曰く、過去にタッキーが来た年はありえん人出でヤバだったとのことでした。今年は人が少ないと言われました。正直俳優にもよるのかも。

 

藤原まつりは東京から遠いし最果ての地すぎて周りになんもないけど行ける人は本当、行った方がいいです。楽しいし愉快だしめーちゃくちゃはっぴーな気持ちになるよ。推しが源義経なことに感謝するから!! 推し、日本を治められる!!神!!これは源義経の生まれ変わりだわ〜ってなる!!

askに藤原まつりについてのアドバイスくれた方、まひろちゃんのおたく、本当にありがとうございます!体系的にまとめておきたいので記事にしました、来年以降のおたくはじゃんじゃん参考にして最高の爆レスまつりを過ごしてね!! あ、そーいえば推しの現場に復帰しました!いろいろあったけど、やっぱ推しのこと好きだからたまに現場は行きます、これからは横浜流星厨せかんどし〜ずんなので、みんなよろしくね!

じゃあまた!