I READ THE NEWS TODAY, OH BOY

舞台、俳優DD、サブカルかぶれ等

若手俳優

なぜオタク女はピュアさと毒性が併存しているキャラを好きになりがちなのか

「コミックジャック -RETURN2016-」を観劇してきました。気になってたからみたいみたーい!って軽々しく言ってたら友達の古川くんのファンの子にじゃあ来なよって連れて行かれて気づいたら紀伊国屋ホールにいた。 なんか最近すごいいろんな舞台に誘われます…

厨プレについてぼんやり考えてみただけの話

推しの若手俳優への1回あたりのプレゼントの平均額はいくらですか? (誕生日など特別な場合は除く) — 麻子 (@asakotz) 2016, 1月 19 推しの若手俳優へは主に何をプレゼントされますか? — 麻子 (@asakotz) 2016, 1月 19 これここ最近で一番びっくりしたかも…

俳優おたく対談企画 vol.2 「アイドルステージの話と、推しを好きということ」後編

前編はこちら。俳優おたく対談企画 vol.2 「アイドルステージの話と、推しを好きということ」前編 - I READ THE NEWS TODAY, OH BOY (※この対談における推しへの見解は、すべて個人の勝手な想像と偏見の域を出ません。) アイドルを演じる≒アイドルである …

2015年に見た推し以外の俳優に関する一言コメント

・志尊淳さん 見た回数 / 100回 100回も見てたの!?!?!? びっくりした……。トッキュウジャーがあったとはいえこれは普通におかしいよ!志尊さんほんとうにおつかれさまでした……。 出発~~~進行~~~!ってやってたのもつかの間、ドラマに映画にとあち…

りあこという生き地獄

りあことは? ――芸能人にリアルに恋してしまうという意味、またその状態、そうなっているおたくを指す語。情緒不安定と併存していることが多い。 33man.jp 梨華ちゃんに熱愛が発覚してもふちりんさんはなお梨華ちゃんへのガチ恋を続けている。「僕にとって恋…

俳優おたく対談企画 vol.2 「アイドルステージの話と、推しを好きということ」前編

(vol.1 鳥越裕貴さんのファン編はこちら) plus14.hateblo.jp 登場人物 めりい(twitter:@greenanchor_):横浜流星さんのファン。好きなサンリオキャラはマイメロディ。りんすちゃんに現場に連れて行ってもらうまで古川裕太さんが何をしている人なのかよく…

わたしと横浜くんの1年半。

※この記事は超気持ち悪い自分語りブログです。そういうの無理!って方はおとなしくこのページを閉じてデイリーポータルZでも読んでてください。 わたしは俳優の横浜流星くんのファンだ。 2014年4月6日にはじめてテレビでその姿を見て、その瞬間にファンにな…

横浜流星ファンツアー2016新春 1泊2日in千葉房総(※全部妄想)

TLでたまたま見かけた推しのバスツアーを勝手に妄想する記事がおもしろかったのでわたしもやります!!100%妄想であり、バスツアーはきっとやりませんし……あっでもやってほしいな……。 前置きもそこそこに妄想開始です! 発表〜当日まで まず、バスツアーをや…

若手俳優のおたく2人でルームシェアした感想

わたし:へっぽこ人間。比較的夜型。同居人:大学生。夜型。某2.5次元ミュ俳優をおっかけている。そもそものきっかけ「なんとなく」としか言いようがない。もともとわたしが実家を出たかったので一人暮らししよう~とぼんやり考えておりいろんな人に相談して…

俳優おたく対談企画 vol.1 「2.5次元の対角上の、推しとその先」 前編

登場人物 めりい(twitter:@greenanchor_):横浜流星さんのファン。直近の現場は9月~10月の舞台「武士白虎 ~もののふ白き虎~」、12月の舞台「スーパーダンガンロンパ2」。元ジャニヲタ。2.5次元舞台に通ったことがない。 やなぴよ:(twitter:@M__xxyO)…

俳優おたく対談企画 vol.1 「2.5次元の対角上の、推しとその先」 後編

(前編はこちら) plus14.hateblo.jp (※前半に引き続き、この対談における推しへの見解はすべて個人の勝手な想像と偏見の域を出ません) 公演とあれこれ めりい:てなわけで後編開始です! おたくの弊害としてはさ、全通とかしてると推しの外に出る、わたし…

推しがあまりにも短いブログばかり更新するので対抗して推しのブログについて長いブログを書く

横浜流星『染まる。』 横浜流星くんはブログの短さに定評がある。が、ぶっちゃけ義務感でよくわからないブログを更新されるよりは自由気ままに更新してくれていたほうが嬉しいので、特にブログの更新に対しては何も望んでいない。他の俳優のブログを覗くと、…

ガチ恋とセカイ系の同一性について、反省しつつ考える

こんにちは。記事タイトルにガチ恋と入れておいて何ですが、私はガチ恋系の俳優ファンでは決してありません。確かにハマったばかりの頃はガチ恋っぽい言動を繰り返し、自分の置かれた現実と妄想の乖離に毎晩泣いたりしていましたが時間の経過とともに軽減さ…