読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

I READ THE NEWS TODAY, OH BOY

舞台、俳優DD、サブカルかぶれ等

最近見た映画と日常的な雑感

scoop-movie.jp

 

 SCOOP!見てきた。オオカミ少女と黒王子か全員片想いかなんかを観に行ったときに予告で流れていて気になったこれ。予告編では「ヤラカシ(Lv.99)」みたいなスーパー暴力知性的追っかけパパラッチをしており、全編そんな感じの映画なのかと身構えて観に行ったら若干ずっこけ。

 ヒロイン役は今年観るのが2回目の二階堂ふみ氏。二階堂ふみってなんでいつも見てるとイライラしてくるヒロイン役やるの? そういう顔だから?いや、でも「私の男」二階堂ふみはそんなでもなかったぞ。と真剣に考えながらもひたすら前半はポンコツ二階堂ふみにイライラする。でもだんだん二階堂ふみが成長する。福山雅治はクソセクハラオヤジの役をやっている。それでいいのかと思う。アミューズ、それでいいのかと思う。既婚者だぞ。いや結婚したことによってガチ恋系ファン層を容赦なくぶん落としたおかげでこの役を躊躇なくできるのか?もにゃもにゃ勘ぐってしまうほどにクソセクハラエロオヤジの役である。冒頭セックスシーンから始まってぶったまげたぞ。

 前半はひたすら、ヤラカシ(Lv.99)みたいなことをやってくれて超爽快。政治家と女子アナの不倫現場を撮るためにホテルの向かいの屋上から花火をぶっ放してカーテン開いたところを撮ったものの追ってくるSPに花火をぶっ放して退散させる福山二階堂コンビ。その他いろいろやらかしてその度に中古のごついベンツで爆走して逃げる。 注目されている超凶悪殺人犯の今の顔を撮るために現場検証に乱入し警備を撹乱して無理やり撮影。カタブツ上司(元ラグビー部)が全速力で走ってくるシーンは爆笑必至。などなど、超爽快なのだが、後半だんだん恋愛要素が絡んできたりして「またこの邦画にありがちなパターンかぁ~~~~~~~」とずっこけた。福山二階堂コンビはバディであり戦友である。それを貫き通してくれたら爽快でぶっ飛ばしてる超ハイスペックヤラカシムービーとしてわたしは遠慮なしの高評価を下したと思うが、だんだん2人の間に恋愛要素が発生してくるのだ。またか~~~~!!またこのパターンか~~~~!!!もう邦画なんて信じねえ!!!!!!!

 ちなみに最後に福山雅治は死ぬが、いくつかの伏線や(「借り」って何だよちゃんと言えよ)過去の関係の説明をほっぽり出したまま映画は終わるのであまりスッキリはしない。死に損。

 若手俳優厨的には、久保田悠来(「仮面ライダー鎧武」の呉島主任 ※兄のほう。弟は高杉真宙)がヤク中にボコボコにされているのを見ることができるのでちょっとそこはオススメ。

 

 最近テレビを見てない。なのでめっきり流行に疎い。一応ニュースには目を通すようにしているがエンタメにまで手が回らない。なのでペンパイナッポーアッポーペンがなぜ流行しているのか全くわからない。どこ発端にして広まってどうなってこうなったのか全くわからないのだが、眠れない夜にYouTube神聖かまってちゃん関連のラジオを聴いていたら、の子がペンパイナッポーなんちゃらについて言及していた。

www.youtube.com

 「RADWIMPSみたいに売れたい、もう31歳なので後がない」というの子の切実な質問に対して17歳の女子高生はこう返していた。

 「ジャスティン・ビーバーにウケるような曲を作ってジャスティン・ビーバーに拡散してもらえばいいと思います」

 の子も「なるほど。一理ある」と納得していた。最終的にラジオは「For・ジャスティン」みたいな曲を作ろうみたいな話になって終わっていたが、の子は「でもなんてペンパイナッポー(略)がジャスティンのツボにハマるんだよ!? あいつのツボどうなってんだよ!?」とマジギレしていた。 そりゃそうだ。あたしもそう思う。

 

www.youtube.com

 大森靖子ちゃんの新曲が上がっていたよ、いい曲だから聴いてください。普段とは曲調が違うなと思ったら小室哲哉さん作曲でした。靖子ちゃんはいったいどうなっていくんだ!?

人生の岐路でも駅のホームでも「行けよ」 と背中をドーンと押す

 靖子ちゃん節は相変わらず。

 

www.youtube.com

 そしてこれがの子氏とコラボした新曲その2「非国民的ヒーロー」。の子氏作曲靖子ちゃん作詞ということでサブカルクソ女ホイホイなサウンドに仕上がっており大好き~~~~~~~!!! な感じです。歌詞もなぜかオタクの心にクリティカルヒットな代物に仕上がっておりおたくは泣くこと必至。あたしは泣いた。号泣した。

地球がバグってる

夢が刺さって血が出てる

なんの薬かもわかんない錠剤

僕の部屋だけバグってる

夜も昼もうまく来ない

君を太陽にして無理やり起きてる

 

だけどね 君が努力しちゃったら

二度とね 僕じゃ届かなくなっちゃいそうだし

目つき悪くて惨めで no no no

本当は誰も wow wow wow

傷つけたくないだけさ

僕は何もできないかな

 

愛する気持ちだけでは

報われなかったすべてを

ああ 抱きしめる

そのひとつのミスですべてを

否定されても怯むな

僕はああ 非国民的ヒーロー

 

すぐには許せない

だけど引きずられたくない

どっちもはずれの「どっちだ」みたいだ

恋も雑にしちゃったし

今は何もピンとこない

むくんだ身体でそれでも立ちたい

 

いいよね 君はまつげも長いし

いいよね 君はすごくやってけそうだし

嘘でカロリー使ってlie lie lie

強い顔保ってるwow wow wow

傷つくのも慣れてきたし

僕じゃ何もできないかな

 

愛する気持ちだけでは

報われなかったすべてを

ああ抱きしめて

そうやって記憶の中の風景

誰かにうまく話せば

ああ救われる そうやって

 だけどね、君が努力しちゃったら二度とね、僕は届かなくなっちゃいそうだし、という言葉が刺さって、オールスター感謝祭に出たりスポダンに出たりして売れ始めた推しのことを考えてイベント前はぼろぼろ泣いていました。精神異常です…。

 「地球がバグってる 夢が刺さって血が出てる」って歌詞も、イベントのときに手紙に書くか迷って、結局書かなかったけど(重すぎて)、あなたはわたしの夢をのせた大きな船で、それをわたしは遠く遠く岸から眺めているんだよ、っていう気持ちにぴったりだったし、あたしの夢はいつか遠い昔にバッキバキになって散らばってたぶん地面に刺さってるので、おおまさにこれだ、と、思ってしまった。「君を太陽にして無理やり起きてる」も、普段は昼間起きられないのに推しのことになると不思議に起きられるし。どんなに寝てなくてもレボトミンで脳内ぐるぐるになっててもエキストラとか行けちゃうし。太陽だ、そうだ推しは太陽なんだ、と改めて思いました。

 「ヒーロー」って歌詞も、そういえば推しはヒーローだったんだ、とはっと思い出した。もう解散してしまって跡形も残していないヒーロー。推しは「元ヒーロー」でしかないのだけれど。でも「そうやって記憶の中の風景 誰かにうまく話せば ほら救われる」から、話すことは下手でもこうしてブログに書いてよく発散しています。記憶の中のGロッソや、オリックス劇場を。

yn9m2.hateblo.jp

 「元ヒーロー」や「ヒーローだった頃の記憶」に関するカルマについては、あまり共感してくれる人がいなかったので少しさみしい思いをしてみたが、ふと見たこのエントリに衝撃を受けた。やっぱり同じような人はいるんだと思った。戦隊俳優というハッシュタグは、ときに呪いをもたらす。事務所の方針でその後戦隊俳優だったことを表に出さない人もいる。(推しがちょっとそうなりつつある)複雑な気持ちだ。でも、いつでもいつまでもわたしのヒーローはトッキュウ4号のヒカリくんだけです。

 

そんなこんなで、推しの接触イベントが終わりました。お疲れ様でした。

f:id:plus14:20161024221658j:plain

 55万円分の握手券で臨み、3時間半の死闘の末に無事に完走することができました。終わったあとの感想は「疲れた」でした。ホス狂いの人は一晩で100万使ったりしますが彼女たちは座ってお酒を飲んでるくらいなのでそんなに疲れないとは思います。今回はSHIBUYA TSUTAYAの店内を30回ループしたので非常に疲れて最後にはへろへろな状態で推しに「いやぁ……お疲れ様……」などと言っていました。

 今回1番衝撃的だったのは推しに好きな音楽を聞いたら「岡崎体育」と言われたことです。岡崎体育は聴いたことなかったけど、YouTube神聖かまってちゃんを聴いてるときにおすすめに出てくるアーティストランキング2位くらい(1位は大森靖子ちゃん)だったので名前は知っていました。Wikipediaってみたら岡崎体育って名前は電気グルーヴ石野卓球リスペクトなのだそうです。好きなアーティストも電気グルーヴだそうです。推し~~~~~もっと早く教えてくれよ~~~~~~。聴いたのに!?

 というか推しの音楽趣味が全く自分と合わない問題についてはこのブログで結構ディスってきた語ってきたところなのですが、だって推し、秦基博が好きなんだよ。あとflumpool。眩しいよ。リア充すぎて眩しくなってくるよ。

 岡崎体育氏も今をときめいてるちょっとリア充寄りアーティストとはいえ横浜流星テクノ聴くんか!?!?!?!?!?!? 電気グルーヴ聴こうぜ~~~~~~!!横浜~~~~CD買ってきたぜ~~~~~!!!(磯野~~~野球やろうぜ~~のテンポで)

 岡崎体育が好きで、電気グルーヴを最初に聴くなら、わたしは是非、「カフェ・ド・鬼(顔と科学)」を聴いてほしいなと思います。岡崎体育は全部聞いたけど、「Explain」が1番好きでした、あとドラマチックアラスカへの客演曲も好きだった。(これ推しへのファンレターに書けよ)(書いたけどやっぱりインターネットにも載せたいじゃん)

 推しがサブカル男子になってくれることを切実に祈っています。最終的に「いや、最近は空手バカボンにハマってて」とか雑誌で言って、それを読んだケラさんに見出されてナイロン作品にキャスティングされることが目標です。(勝手に設定するな)

 

www.youtube.com