読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

I READ THE NEWS TODAY, OH BOY

舞台、俳優DD、サブカルかぶれ等

「風と木の詩」文庫版全10巻

なんで急にお耽美少女漫画なんか読んでるのかといいますと、そもそも唐突に舞台「パタリロ!」にはまり、原作を読み、「クックロビン音頭」の元ネタが萩尾望都先生だということを知り、その流れで入院中んじゃー暇なのでBLお耽美モノの名作と言われている「風と木の詩」読んでみるかってことになったのですが、実はわたし、そんなに腐女子じゃないんですね。

いや、それはまあ、小中時代に一大ムーブメントを巻き起こしていたナマモノジャンルに首突っ込んでいたり、二次元もちょっとかじったりしたことはありますけど、プロの腐女子のみなさんのように、腐女子をライフワークにし、BLを食糧にするまでには至らなかったわけです。だから黒羽麻璃央くんの出てた「宇田川町で待っててよ。」見てもそんなに琴線に来るものが無かったし。

という感じで読み始めた「風と木の詩」だけど、こりゃBLというより、大河だね、大河。この作品が1976年連載開始ってとこにまず私はぶったまげました。1976年って、あーた、YMOも結成されてませんで。矢野顕子の「JAPANESE GIRL」と同じ年でっせ。おー怖い。

主人公として対をなすふたり、ジルベールコクトーとセルジュ・バトゥールが学園で恋に落ちて、駆け落ちして色々あってジルベールは死ぬっつーのがこの話の本筋なんですけど、まあとにかくこんなんありかよって設定が盛りだくさんなんですよねコレ。しかもこんなんありかよって設定もその割によく考えると結構BLあるあるだったりするんだけどもしかして「風木」が元ネタだったりするの? そうなの? ねえねえそうなの?

ちなみに文庫版で読むと(私は知ってたからいいけど)第3巻のあとがきでわかぎえふ氏が思いっきりジルベールが死ぬということをネタバレしてます。えーんかい白泉社……。

 

絶世の美少年、金髪で華奢で美少女のような見た目を持つジルベールコクトーは学院内で無数の男たちと関係を持つ現代的に言うならクソビッチです。しかもその原因は大好きな叔父(実は父親なんだけど)に捨てられて全寮制の学園に入れられたからというメンヘラちゃんでもあります。最近話題のツイッターアカウント「暇な女子大生」みたいなヤツです。授業をサボりまくっていますが上級生と寝る代わりにレポートを貰っているので問題ありません。問題あるけど。

そしてジプシーの娼婦を母に持ち、子爵を父に持つが両親が亡くなったために学院にやってきたセルジュ・バトゥールはめーちゃくちゃいい奴です。とにかくいい奴。友達多いし。あとピアノ上手い。そんなセルジュが学院に転入してくるところから話は始まるんですが、なんやかんやあって2人はルームメイトになります。

ぐぎゃーー!! BLあるあるーー!!

ま、そりゃそーですね。そーしないと話が進まないわな、と思いつつも読み進めるとジルベールは相も変わらずいろんな男たちとヤりまくっています。学院長ともヤっています。見境なしかよ。でもそんなジルベールに偏見なく接するセルジュめちゃくちゃいい奴やんけ〜(涙)。徐々に徐々にジルベールはセルジュに心を開いていくんですけど、あるときジルベールは発狂します。休暇前、大好きな叔父のオーギュストから「ちょっと行けそうにねえわ、ごめん」という手紙が届いてこの上なく大発狂するのです。もうね、ちょっと引いた、読んでる側だけど。あーたいくらなんでもメンヘラすぎるっしょ。私に言われたかないだろうけど。

そしてジルベールはヤケクソになりいろんな男に「僕を好き放題にしてくれ」と投げやりになってヤられまくります。 ボダのメンヘラ見てるみたいで悲しいです。舞台が2010年代ならジルベールリスカとブロンの合わせ技でツイのメンヘラになってること間違いなしです。

で、なんでこんなことになっちゃったのおぉってことでジルベールとセルジュの生い立ちの物語が語られるんですが、ジルベールはもともとオーギュストが義姉と不倫して生まれた子供なんですね。しかもそのオーギュストも義兄の歪んだ性癖のためにコクトー家に引き取られて慰み者にされてきた過去アリ。家庭環境からしてもーダメダメです。そんなんなのでジルベールは親の愛情を知らずに育ち、そこに目をつけたスーパーサイコのオーギュストが自分の思うがままに育てようとするんですね。で、思うがままに育つんですけど。

でもある日髭もじゃでいかにもモブおじさんって感じの彫刻家・ボナールにレイプされてジルベールは9歳にして処女喪失してしまうのです。泣くジルベール。……9歳でっせアナタ。ボナールは「お前てっきりもうオーギュストにヤられてんのかと思った、初めてならもうちょっと優しくしたのに」とか言っています。許すまじモブおじさん。

しかしそれを知ったオーギュストも負けてはいません。マジギレしたオーギュストは案の定ジルベールを抱くのです。調教されたジルベールはオーギュストの愛に飢えるメンヘラちゃんに進化。順調に歪んだジルベールは、なんとある日家出して彫刻家モブおじさん・ボナールの家に行ってしまいます。どんな鬼畜行為を受けてしまうのか!?読者に戦慄が走りますが、ボナールは意外といい奴で、彫刻の弟子に嫉妬されたりしながらもわずかながら平和な時をジルベールは過ごしたのです。見直したよボナール。レイプ魔呼ばわりしてごめんな、ボナール。

しかしジルベールメンヘラちゃんなので、なんとオーギュストのことを思うあまり3階から飛び降り自殺未遂してしまいます。3階じゃ死ねんぞとのツッコミむなしく色々あってジルベールは結局サイコなオーギュストを選んでしまいました。彫刻おじさんにしときゃ良かったやん、旅行連れてってくれるって言ってたし。

でもそんなメンヘラときどき幸せな日々も長くは続きません。オーギュストの義兄夫婦が「ジルベール邪魔」と言ってきたのです。義兄夫婦には実の子供ができていました。そっちの子供に家を継がせたいから邪魔〜とのことで、何やら大人の話し合いが行われ、オーギュストによってジルベールは激しく嫌がりながらも学院に入れられてしまったのです……。

さて一方のセルジュですが、優秀な生徒だったオトンがパリで娼婦に一目惚れしてしまい、パトロンのおっさんの手元からオカンをさらってスイスの田舎に逃亡、そこで生まれたのがセルジュ、という、ジルベールに比べればややインパクトに欠ける生育歴だったりします。

でも両親共に亡くなってしまうと生活は一変。性格最悪な伯母が後見人になり、陰口を叩かれ続けながらもお屋敷で暮らしますが、あるとき仲良くしていた従姉妹の美少女にうっかり火傷を負わせてしまい、それを申し訳なく思ったという理由で学院に転入してきたのでした。

 

さて、相変わらず微妙に打ち解けてんだか打ち解けてないんだかって感じのジルベールとセルジュですが、サイコのオーギュストが2人の間を引っかき回します。わざとセルジュに近づいてジルベールを発狂させたり(めんどくせえ…)。ヤンデレサイコのオーギュストは、なんとセルジュを容赦なくレイプ。しかし!!セルジュはめーちゃくちゃいいやつなのでむしろジルベールがあんなにお前のことを想ってるのになんでそんなことするんだ!!な方向に怒りが向きます。いいぞセルジュ。いい加減オーギュストにも呆れたのか、好きな気持ちはあるもののジルベールは一旦オーギュストから離れることにしました。

この辺になるとセルジュはもう「俺、もしかしてジルベールのこと……好き……?」って感じなのでもーそのままくっついて平和になれよーって思うんですけどジルベールはやっぱりオーギュスト大好きなのでいちいちオーギュストのことで病んで発狂します。オーギュストが婚約すれば発狂し、かといってセルジュにいい感じの女の子がいても発狂し……。

セルジュは悩みに悩み抜いた末、とうとうジルベールと一線を越えました。おめでとう。

くっつくまでがなげーーーーーーんだわ。

しかし、幸せな日々はそう長くは続きません。オーギュスト(多額の寄付で学園を牛耳っています。花男かよ)は学園の総監督に命令して不良にセルジュをボコらせたりします。学園を巻き込んだ恋。これでこそ少女漫画です。スケールの大きい恋、好きですよ。

そして最終的には同性愛が学園中にバレ、学院長に責問されることになります。お前も1巻でジルベールとヤってただろぉぉぉぉというツッコミも虚しく、オーギュストが自ら学園にやってきてジルベールはもといたマルセイユの屋敷に連れ戻されることになってしまいました。セルジュのところにも伯母(社交界でのオーギュストの知り合いだったのです。運悪いね)からマジギレした手紙が届きます。悲観したジルベールはナイフでの自殺を図ろうとしますがまたもや失敗。メンヘラの極みです。

しかしセルジュはめーちゃくちゃいいやつなので、絶望的なときでも前向きに、駆け落ちのために密かに動き始めます。学園中からは密かにカンパが集まり、級友たちの協力、そして最後にはオーギュスト側にいたと思われた生徒総監のまさかの寝返りで2人はパリへの脱出に成功するのでした。

 

まあ、でもパリに移っても全てがうまくいくわけではありません。

娼館の屋根裏部屋に住んで最初にふたりが勤めたレストランではヤクザの客にジルベールが(多分)レイプされ、それでも何もしてくれない店にキレたセルジュは辞表を叩きつけてピアノ教師に転職。良い賃金をもらい、友達もできてそれなりに充実した日々を過ごしますが一方のジルベールは引きこもり状態に。人と会いたくないので宅配便にも出ないという末期患者の様相を呈します。相も変わらずメンヘラを発揮するジルベールは、飲まず食わずでこのまま朽ち果てたい、セルジュにも「仕事に行かないでほしい」と言い、さらにヤケクソで女の子とベッドインするなどまさに

しかもセルジュは男と同棲しているという理由でピアノ教師もクビになり、仕事を探しますが最初に働いていたレストランでの一件でヤクザを怒らせてしまったので仕事が見つかりません。もはや二人して病み始めたジルベールとセルジュは海へと逃避行。死かと思われたそのとき、なんと忘れかけていた彫刻モブおじさんことボナールが彼らを救います。

捨てる神あれば拾う神あり。でもお世話になるのは申し訳ないと出ていったセルジュを追って、ジルベールも元の家に戻ってしまうのでした。

ここまでくるともはやこれはどーみても共依存です。立派な共依存です。学生時代の親友・パスカルに「別れろ」と諭されても「僕がいないとジルベールは生きていけない」と突っぱねるセルジュ。お手本のような共依存です。しかもジルベールはセルジュが働いている間にヤクザに薬漬けにされて売春を強要されています。す、救えねえ〜。

結局最後には、ジルベールはオーギュストの幻影を見たまま馬車に轢かれて死んでしまうんですけど、読後感としては、私は死にたい死にたいと言っている側だけど、中島らもの説いたように死ぬというのはやはり卑怯だ、と思った。先に死ぬというのは逃げだ。

多分あのあとセルジュはパトリシアと結婚してときどきジルベールのことを引きずりながらもなんとか幸せに暮らすんだと思う。それでも若くして死んだジルベールは、思い出のままでいつまでも綺麗なままだ。その衝撃は何にも勝る。

ジルベールって若さと儚さの体現みたいな存在だと思うんです。だって大人になったジルベール想像できないもん。死ぬことが運命付けられてたみたいな存在感放ってるよなあ。

個人的に一番クソムカつくのはオーギュストですね。なんなんだあのサイコ。頭おかしいんじゃないのか!?漫画だから悪役が必要なのはわかるんだけどそれにしても胸くそ悪かった。そしてジルベールの帰る場所はオーギュストしかないというのもまたつらい。

メンヘラがヤク中になって結局死ぬというテンプレはここらへんの少女漫画から始まって「恋空」に引き継がれているのかなと不謹慎ながらも思ってしまった。……舞台化してほしいけどジルベールの人選にめーーちゃくちゃ悩む。あ、高杉真宙くんならいけるかもしれない……。そしたらセルジュは推しで。理由?いいやつだから……。