読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

I READ THE NEWS TODAY, OH BOY

舞台、俳優DD、サブカルかぶれ等

舞台スーパーダンガンロンパ2再演がまともな演劇だったのでまじ感動した

舞台

f:id:plus14:20170323025800j:plain

な、何を言ってるかわからねーと思うが(略)

初演の感想を書いたときにボロカス叩いたことに定評のあるわたしですが、その後も舞台スーパーダンガンロンパ2はわたしの心の中にストーリーがイミフな舞台とゆートラウマを根深く植え付けたまま約1年半が経過していました。 結局20公演くらいみたんだけど20公演みても話がわかんなかったからある意味革新的。なんか当時の感想読み返したけどやっぱ純粋だわ。推しかっけーって思ってるとどんなくそ舞台でもそこそこ賞賛できるのはカルト信者だからだよな、わかった。何か当時の感想では結構オブラートに包んだディスり方してるけど、初演はまじでイミフ舞台だったからな。再演やるって決まったときは(やるだろーなーとは推しの言動的におもってて実際無印再演のカテコで発表されるだろーなーとおもってたけどさ…)ぴぎゃああああってかんじだったし。始まってからもあーあ行くのめんどくさいなーと思って2公演くらいチケット無駄にした。ごめんて。六本木までいくの本当面倒くさくて。チケット取ったけどさ―。

だって初演だと「俺は俺のままでいたいけど世界が破滅する!!どーしよ!!(発狂)」→七海『どっちも選べないならつくっちゃおうよ☆』→日向、ヘタレから突然の覚醒→俺の主人公パワーですべてを解決するぜ!!~完~ という超トンデモ展開で話が終わるので、は?意味ワカンネーこの舞台くそだな。って思いながら20公演くらい見てたですよ。だって、主人公パワーですべてが解決できるならそもそも殺し合いとかする必要ないじゃん。カムクラがー未来機関がーって言ってるけど全然説明なくてこいつら何言ってんだ状態で終わるし。 ふだんは「こんな舞台おもしろいと思うやつは頭わいてる」的なことは絶対言わないようにしてるんですがダンガンロンパ初演に関しては実写化めあての原作ファンでも盲目お花畑俳優厨でもないのにこれすげー!おもろ!!って思う人はまじで何も考えてないんだとおもいましたね。 原作やってて話の筋がわかれば勝手に脳内補完してヨカッタネーでおわれるけどあの脚本で初見がすごーいおもしろーいってなるわけねーーーーだろ。なーに考えてんだ。ばかか?

と、いう負の歴史背負いまくりな舞台スーパーダンガンロンパ2ですが、再演をみたらなんと演劇としてちゃんと成立していました!!!!! すご~い!!!! めでたーい!!!!! これは煽りではないよ、まじで。

根っこに初演の脚本があるのに、説明を地道に地道に(よくやりました…)書き足して推理部分巻いて2幕後半の説明を足して初見にも話のわかるバリアフリー舞台にしていたのは純粋に脚本演出の手腕だとおもいます、すごいね。そして舞台を見て初めて舞台って話がわかると面白いんだな~という感想をいだきました。逆にいえば話のわかんない舞台はつまんないんですね。そりゃそーだな。話わかんないのに面白いわけないわ…。

べつに悪口言うつもりじゃないんですけど(フリ)松崎脚本自体がそんなに評判よくないことに最近気づいたってゆーかとある俳優の人が松崎脚本の舞台みにいってたんで面白かった?ってきいたら松崎脚本の舞台で主演やってたくせに「うーん……まあまあまあまあ……」っていってたんでしょうがないですね。主演はったんだからお世辞のひとつやふたつも…言わなくていっか…

でも客席の埋まり具合でいうと10日間連続マチソワとかやってた初演に比べてなぜか人入りが減ってたのであーやっぱみんな飽きてんのかなーとかゲスなことかんがえてました。ごめんな。

舞台において大事なのは、話がわかることですね。お金払って舞台みてるのにこんな初歩的なことをいちいち書かなきゃいけないとか、つらすぎるわ、まじで。でも、12000円とかとってるのにストーリーを説明する気がなくて、原作しらないとちゃんと話がわかんないっていうのは、もはやそれは脚本家のオ◯ニーと一緒なのですよ。まあそーいう脚本家演出家がいるからマトモな舞台をやれる脚本家演出家が食ってけるんだって見方もできるけどさ、割をくわされた観客がまじでかわいそーだと思わないのか。

しかし、初演のトラウマでダンガンロンパ自体嫌いだったんですけど、再演みたらダンガンロンパ自体は割とクローズド・サークルものとしてはよくできてることに気づけたのでよかったです。作品に罪はないね~。…でもストーリーがちゃんと成立してるだけで感動するって感動のハードルひくいな…悲しい。

 

良かったところ

・全体的に登場人物のテンションがワントーンさがっているので銀魂かぶれの腐女子の会話をエンドレスで聞かされているような致命的むず痒さが軽減されている。あの人数とキャラの濃さで永遠にぎゃーぎゃーやられると正直つらいので良かった。

・狛枝がなぜ希望にあれほどこだわるのか、日向に執着するのか再演にしてやっと理解できた。初演のときは強迫性障害の残念な人だと思っていたし自分で倉庫に火つけたのもイミフだった。(何か未来機関とか裏切り者とかの説明がテキトーに流されていたので)

・裁判や処刑など重要局面の展開が丁寧になっていたので、とくに弐大と眼蛇夢のとりあえず殺しとけ感が薄まっていた。初演だと処理感が否めなかった。

・ペコちゃんが九頭竜の目を刺してしまう(初演ではチビモノクマに攻撃されてぶっ倒れていた)のは、原作準拠らしいので良いとおもう。

・七海ちゃんのおしおき演出がオシャレになっていた。サイケですてき~。うずくまってるの美しいなあ~。

江ノ島盾子の新録部分は音声だけ録っていたので神田沙也加のギャラを最小限におさえる努力をしたのかなあと思った…初演を1回だけ観た友人がつぎはぎに気づいてなかったのでセーフ!

・最大の謎ポイントであった、生徒たちの過去、カムクライズル、超高校級の絶望などについて真面目に説明してくれたので、話がわかった(これが一番大事)。日向くんが何か無理やり覚醒して世界救った感や、いきなり主人公パワー!!ドーン!!俺たちの戦いはこれからだ!!感が無くなっていたので、すごい。ニュアンスの問題かもしらんけど、丁寧な描写により、なぜ日向くんが重い過去を抱えているのか、なぜ日向くんがシャットダウンを選択するのかなどについてようやく解読できたので、よかった。日向くんの行動はまじで理解不能だったが、2年ごしに理解できた気がする。カムクライズル登場と狛枝とのポエトリーリーディング対戦も、まー原作ファンへのサービスかな…くらいで流せた。あれが延々続くと鬱陶しいけど。

・蜂谷さんが、初演初見では目も当てられないかんじだったのに、2年の時を経てめちゃくちゃお芝居がうまくなっていた、何したんだ!?カンパニーの中でうまい部類にはいっていた、何したんだ!?

 

 

悪かったところ

・相変わらず九頭竜が推測だけで真昼を撲殺し(させ)てしまうのかが謎。別に犯人ってきまったわけでもないのに手出すの、早漏すぎて草を禁じえない。写真とっただけで殺されるとか理不尽だわー。かわいそ。しかもそのあといいやつみたいになってるし。(ただし、再合流時にやりとりが追加されてるのでいきなり許されすぎ感はかなり薄くなっている。これは改良点)

・なぜか横浜くんの滑舌がたまに死んでた、これは稽古不足の可能性がおおいにあるので仕方ない(前の舞台終わってからダンガンロンパ初日まで10日間しかない、事務所がくそ。鈴木くん植田くんは何か2ヶ月稽古したみたいなクオリティだったのでやはり超人)、しかし最もひどかったのはいしだ壱成であった。なぜ続投なのに再演でめちゃくちゃ下手になるのか本当に謎。何があった?初演ではもっと上手かった…。喋るたびに棒だなーと思うレベルで棒なのはいただけない。ソニアさんの人も重要なセリフそこそこあるのに結構何言ってるかわかんなかったのでもったいないなー…

・三瓶のキャスティングにゴーサインをだした大人はどーかしてると思う。おまえはちゃんと稽古したのか? というか、この制作(サイト見たら、ダンガンロンパ以外原作ものやってなかったっす、笑う、まじで。こんど黒薔薇アリスやるらしいけど…)はやたらと吉本芸人をキャスティングする傾向にあり、その中でちゃんと演技できてる打率は体感的に言って5割くらいなので、吉本になんの弱みを握られてるかはしらねーが、何も目新しくないし本業でもないフィールドにひっぱりだされて棒演技をキャパ900の箱で披露するハメになる芸人がかわいそーなので今すぐその縁を切ってほしい。 ニューロマンスおにぎりは、野性爆弾くっきーより演技が上手かった。というか、くっきーはどー考えても客層に合わないギャグを毎公演連発していたので、それがない分得点が高かったともいえる。

モノクマの声が、まじでちびまる子ちゃんだったので気が散った、まー大山のぶ代ドラえもんだから世代の人にとっては気が散るのかもしらんけど…(今年20歳、水田ドラしか見たことねーです!)大山さんの素材でどーにかならんかったですかね、そんなにセリフ変わってなかった気がする。契約上の問題ならしかたないな!

・初演のときに花村の自分語りうぜー!って散々思ってたのに改善されてるどころか2倍くらいの長さになってたのでまじ発狂した、いらねーよ。あのキャラは誰に需要があって生み出されたキャラなんだよ。ランダム方式のグッズとかで、あいつ入ってたら、こまえだの厨とかが売り場の地面に捨てて帰る懸念があるだろ、確実に。デブキャラでキモキャラで変態とか、救いようなくね。

・罪木ちゃんのおしおき、ロケットまたいで舞台を走り回るのはややコント感が拭えなかったし、将来倉持さんや高野さんがバラエティタレントとしてテレビに出た際などに秘蔵オモシロ映像としてスタジオで爆笑をさらってしまう可能性があるのだけどアレでいいの?

 

あー、なんか長くなってしまった。再演、誰でもわかるバリアフリー舞台に進化してるので興味あるけどポカーンってなる舞台はやだなーって人ははやく観に行ったほうがいいですよ、チケット超あまってるから。26日までやってるって。

初演が戦犯だと、再演のイメージも割をくってしまうということを心にきざんだ観劇でした。ふつーに面白かった。希望と絶望の相転移ですね。 初演通ってたときに、毎公演イミフでしんどかった自分をようやく供養できた気がしました。おつかれ。