I READ THE NEWS TODAY, OH BOY

舞台、俳優DD、サブカルかぶれ等

当ブログのご案内

 お越しいただきありがとうございます。特に有用な記事のないブログですが、暇つぶしにどうかお読みになって頂ければ幸いです。ブログタイトルの由来は、正確にはビートルズではなく矢野顕子さんの「SUPER FOLK SONG」冒頭より拝借しております。

 主な記事分類は、俳優、舞台、メンタルヘルス、その他カルチャーなど、カテゴリ分けを一応してありますので、ざっと見て頂ければと存じます。

 

・このブログについて

 中の人:めりぴょん (@13weekslater_ep) | Twitter

 俳優の横浜流星くんを2014年4月からたまに休みつつも遠くからぼんやり応援しています。2015年4月戦隊卒業。精神状態がよくない。

 DDなうえに浅学なので割とどうしようもない感じです。サブカルチャー、音楽、面白い映画、面白い舞台が好きです。基本的に暇です。

 更新不定期。 当ブログは基本的に怪文書のたぐいを掲載するコンテンツとなっています。

 

 Amazonの欲しいものリストへのリンクを設置しています。もし奇特な方がいらっしゃれば、何か送っていただけると非常に励みになりますので何卒よろしくお願い致します。

 Amazon.co.jp

 

 依頼、苦情などの連絡先:mail plus14yapoos@gmail.com またはめりぴょん (@13weekslater_ep) | Twitterまでお気軽にどぞ。

 スターなどから飛んできてくださった方へ:既読くらいの気持ちでよく星をいろんな記事につけているので、深い意味はありません(良い意味で)。いつも面白く読ませて頂いております。

 

 

スマートフォン向けカテゴリ別リンク>

若手俳優 - カテゴリー記事一覧 - I READ THE NEWS TODAY, OH BOY

戦隊 - カテゴリー記事一覧 - I READ THE NEWS TODAY, OH BOY

カルチャー - カテゴリー記事一覧 - I READ THE NEWS TODAY, OH BOY

舞台 - カテゴリー記事一覧 - I READ THE NEWS TODAY, OH BOY

小説 - カテゴリー記事一覧 - I READ THE NEWS TODAY, OH BOY

映画- カテゴリー記事一覧 - I READ THE NEWS TODAY, OH BOY

雑記 カテゴリーの記事一覧 - I READ THE NEWS TODAY, OH BOY

 

<対談シリーズ>

俳優おたく対談企画 vol.1 「2.5次元の対角上の、推しとその先」 前編 - I READ THE NEWS TODAY, OH BOY

俳優おたく対談企画 vol.1 「2.5次元の対角上の、推しとその先」 後編 - I READ THE NEWS TODAY, OH BOY

俳優おたく対談企画 vol.2 「アイドルステージの話と、推しを好きということ」前編 - I READ THE NEWS TODAY, OH BOY

俳優おたく対談企画 vol.2 「アイドルステージの話と、推しを好きということ」後編 - I READ THE NEWS TODAY, OH BOY

俳優おたく対談企画 vol.3 「究極の自己満足と、貢ぎの話」 - I READ THE NEWS TODAY, OH BOY

 

ふちりんさん(@fuchirin)と、ガチ恋について対談をする<前編> - I READ THE NEWS TODAY, OH BOY

ふちりんさん(@fuchirin)と、ガチ恋について対談をする<中編> - I READ THE NEWS TODAY, OH BOY

ふちりんさん(@fuchirin)と、ガチ恋について対談をする<後編> - I READ THE NEWS TODAY, OH BOY

 

卒論のためにジャニオタの友人にインタビューされてきた。<前編> - I READ THE NEWS TODAY, OH BOY

卒論のためにジャニオタの友人にインタビューされてきた。<後編> - I READ THE NEWS TODAY, OH BOY

 

<呼んでいただきました>

boomerang.hateblo.jp

 

プライバシーポリシー

 

当ブログではGoogle AdSenseによる広告サービスを利用しています。このような第三者配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を配信するため、当ブログや他のブログ、サイトへのアクセス情報DoubleClick Cookie(氏名、住所、メールアドレス、電話番号など個人を特定するものではない)を使用することがあります。第三者配信事業者に情報が使用されることを希望されない場合は、広告の管理やaboutads.infoにて、DoubleClick Cookieを無効にすることができます。

 

aboutads.info

Digital Advertising Alliance (DAA) Self-Regulatory Program | https://www.aboutads.info

 

広告の管理

https://www.google.com/settings/u/0/ads/authenticated

 

当ブログではGoogle Analyticsを利用して、アクセス解析を行うためにcookieを使用しております。Google Analyticsで集計したデータは、当ブログのアクセス解析や改良、改善のために使用させていただくものとします。なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。

Googleによるデータの使用に関してはPrivacy Policy – Privacy & Terms – Googleをご覧ください。

 

当ブログの全てのコンテンツには、可能な限り正確な情報を記載するよう努めておりますが、必ずしも正確性、信頼性を保証するものではありません。当ブログに記載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。本免責事項、および、当ブログのコンテンツは予告なしに変更、または削除することがあります。

 

<随時加筆修正します>

 

 

 

二次元のショタにしか興奮しないのでこのままだと本当にヤバい(短文)

 こんにちは。夏だ! お盆だ! 冒頭に告知で恐縮ですが明日、8月14日の19:00~阿佐ヶ谷ロフトAにてトークイベントがあります。是非来てください。とても楽しくする予定です。当日券もあります。詳細はこちら↓

https://www.loft-prj.co.jp/schedule/lofta/123592

 

 昨年8月に乙女系ソーシャルゲームを始めてかれこれ1年近く同じゲームを延々とやり続けている。

 それもこれも推しのショタが大好きだからであるが最近いよいよもって二次元のショタにしか性的興奮を覚えないという事象が深刻になり、このままではヤバいのではないかと思い始めた。

 三次元の男性がなんかダメかもしれない……と薄っすら思い始めたのである。

 以前仕事の打ち合わせの際に二次元のショタがなぜ好きかという議題になり(なぜ?)、「匂いとか温度の存在しないツルっとした感じがいい」「成長しないのがいい」という結論になった。最悪である。

 一応私も立派な成人である。成長した男性との対等な恋愛をしなければいけない……と思って三次元男性との会食やセックスを試みたりはするのだが、もう全く興奮しない。私が男性でなくて良かったと思うのは全く興奮しなくてもちんこが付いていないので勃起障害にならないという点だ。男性だったら完全に勃起障害なので。というかブログに2記事連続で「ちんこ」という語が登場するのはどうかと思う。追っかけを辞めると書くことが無くなるという典型例であり、つまらなくなるという典型例である。

 考えてみれば約5年ほど、天才若手俳優のストーカー→メンズ地下アイドルのオタク→二次元のショタコンという破滅的な生活を送ってきていたので、いざ「成長した男性との対等な恋愛をしなければ……」と思っても急にそんなのはムリ。悲しくなってきた。

 天才若手俳優は私の1歳年上であり、顔面がどうみても神のえこひいきとしか思えないくらいに整っており、性格もイエス・キリストのように寛容で、私はマジ好きすぎてストーカーのような状態に陥っていた。当然、その行為は客観的にみると非常にむなしいものであったが、不思議と追っかけている最中に「お金使わなきゃよかった~」とか思うことはなく、虚無舞台への怒りを溜めることはあったが、本人に対してそういうことは一切思わなかったので、精神的には充実した日々であった(ストーカーだけど)。後にその天才若手俳優はドラマで当たり役を掴み、世間に顔がヤベー整った人として認知されることになる。名前は横浜流星という。

 メンズ地下アイドルは私のことを殴ったりするヤバい人間だったが、歌も歌うし、ダンスも踊るし、チェキも撮れるし、何より一般人男性の500倍くらい面白かった。イカれていたともいうのだが、とにかく飽きることはなかった。

 二次元のショタは画面から出てきてくれることはないが、太ももがエロいし、言動が可愛いし、線が綺麗。急にどうした? 急に評価基準が線が綺麗とかになるのが自分でもよくわからない。変だ。

 ここまで振り返ってみるとよくわかるが、私が5年ほど天才の男性を見続けてしまった為、いざ「一般人男性と対等な恋愛をしなければ……」という強迫観念に駆られても全然おもんないと思ってしまう悲しい状態に陥ってしまったのだと思う。その上ショタコンも併発しているので性的に興奮すら覚えないしもうダメ。誰か助けてくれ~(終)

 

ちんこが無いのでわからないことが多すぎる(短文)

 私は女性である。ちなみに、ここを「生物学上女」と書くとゼロ年代携帯サイトの恥ずかしいノリを思い出して悶え打つ読者諸賢も多いであろう。(暗黒微笑)

 それはさておき、ありがたいことに最近仕事で「男性地下アイドルの繋がりバレ」について書いたりなどさせて頂き、私の呼ぶところの「ちんこの暴走(掲載サイトでは都合上「下半身」とぼかされた)」について考える機会が多かった。

 大槻ケンヂがエッセイで「バンドを始めたら突然モテてしまって猛烈に女の子とヤりまくった」と書いているように(もっとも最近になって恥ずかしいらしく「あれは嘘だよ」みたいなことを言っているが、まさか全部が虚構だったわけでもあるまいに)、メンズ地下アイドルにもまた、モテてモテてしょうがないので猛烈に、自撮り界隈からファンまで女を食いまくっている者が実在するわけであるが、私はそれを「ちんこの暴走なのではないか」と仮定して論を進めている。

 しかし、最近になって気づいてしまったのだが、私にはそもそも、ちんこがついていないために、男性のちんこに関する話は全て憶測の域を出ず、男性にいちいち「こういう感じなんですか?」と確認を取り、そうですねとか、それは違いますとかいう回答を得ることしかできない。ちんこというより男性の性欲が私には当然無いし、体験することもできないので、客観的な性欲情報やちんこ情報を総合して、ちんこを持つ者、つまり男性に訊くしかないのである。

 これは本質的に、私は死ぬまで何も理解できないのではないだろうか。しかし、わからないことほど気になるのが人間の性だ。

 例えば、男性に「女の子とヤりたいって感情は、本心からくるものなんですか? それともちんこ由来の衝動に駆られてるんですか?」と尋ねてみたが、「ちんこも含めて自分と定義するならば、それは自分の感情としか言いようがない」みたいなことを言われてしまった。確かに正論だ。

 性欲と自己が密接に関わっていないと、つまり性欲と自己がけっこうフレンドリーでないとそういう回答は出ない気がするのだが(私は完全に、性欲は邪念/煩悩であり、真人間の本来持つべきではない物だと思っているので)、どうもそういう感覚を持っているらしい。

 考えてみれば男性は男性同士でオナニーの話を平気でしたりするが、これはちょっと個人的には信じがたいことである。今まで21年間生きてきたが、女性同士で自慰行為の話をしている場面には一度も出くわしたことがないし、見聞きしたことがない。

 ここらへんのアバウトな「感覚」みたいなものが多分、致命的に男性とは違うので、結果として「わからない」というところに着地してしまう。

 私は性欲のせいで男性が身を滅ぼしてしまう/社会的地位が危うくなることを「ちんこの暴走」と呼んでいる。世の中を見回してみるとちんこの暴走は非常に高い頻度で、どのジャンルにおいてもしょっちゅう起きている。ハッピーメールで援交していたのがバレた元新潟県知事とか、タイガー・ウッズとか、はじめしゃちょーとか、挙げていくとキリがないが、世の中のスキャンダルの何割かは「ちんこの暴走」で片付けることができる。で、私は、そういう人たちも決して悪い人たちではないし、ちんこの暴走を除けば非常に優秀で才能ある人たちであるという立場でいるために、「アレはちんこが暴走しているのであって、ちんこ以外はそんなに関係してないんじゃないか」と考えることもあるのだけど、最近それがよく分からなくなってきた。「分からない」という結論で終わる記事を上げるのは非常に申し訳ないんだけど、ちんこが無いもので……。(終)