I READ THE NEWS TODAY, OH BOY

舞台、俳優DD、サブカルかぶれ等

当ブログのご案内

 お越しいただきありがとうございます。特に有用な記事のないブログですが、暇つぶしにどうかお読みになって頂ければ幸いです。ブログタイトルの由来は、正確にはビートルズではなく矢野顕子さんの「SUPER FOLK SONG」冒頭より拝借しております。

 主な記事分類は、俳優、舞台、メンタルヘルス、その他カルチャーなど、カテゴリ分けを一応してありますので、ざっと見て頂ければと存じます。

 

・このブログについて

 中の人:めりぴょん (@13weekslater_ep) | Twitter

 俳優の横浜流星くんを2014年4月からたまに休みつつも遠くからぼんやり応援しています。2015年4月戦隊卒業。精神状態がよくない。

 DDなうえに浅学なので割とどうしようもない感じです。サブカルチャー、音楽、面白い映画、面白い舞台が好きです。基本的に暇です。

 更新不定期。 当ブログは基本的に怪文書のたぐいを掲載するコンテンツとなっています。

 

 Amazonの欲しいものリストへのリンクを設置しています。もし奇特な方がいらっしゃれば、何か送っていただけると非常に励みになりますので何卒よろしくお願い致します。

 Amazon.co.jp

 

 依頼、苦情などの連絡先:mail plus14yapoos@gmail.com またはめりぴょん (@13weekslater_ep) | Twitterまでお気軽にどぞ。

 スターなどから飛んできてくださった方へ:既読くらいの気持ちでよく星をいろんな記事につけているので、深い意味はありません(良い意味で)。いつも面白く読ませて頂いております。

 

 

スマートフォン向けカテゴリ別リンク>

若手俳優 - カテゴリー記事一覧 - I READ THE NEWS TODAY, OH BOY

戦隊 - カテゴリー記事一覧 - I READ THE NEWS TODAY, OH BOY

カルチャー - カテゴリー記事一覧 - I READ THE NEWS TODAY, OH BOY

舞台 - カテゴリー記事一覧 - I READ THE NEWS TODAY, OH BOY

小説 - カテゴリー記事一覧 - I READ THE NEWS TODAY, OH BOY

映画- カテゴリー記事一覧 - I READ THE NEWS TODAY, OH BOY

雑記 カテゴリーの記事一覧 - I READ THE NEWS TODAY, OH BOY

 

<対談シリーズ>

俳優おたく対談企画 vol.1 「2.5次元の対角上の、推しとその先」 前編 - I READ THE NEWS TODAY, OH BOY

俳優おたく対談企画 vol.1 「2.5次元の対角上の、推しとその先」 後編 - I READ THE NEWS TODAY, OH BOY

俳優おたく対談企画 vol.2 「アイドルステージの話と、推しを好きということ」前編 - I READ THE NEWS TODAY, OH BOY

俳優おたく対談企画 vol.2 「アイドルステージの話と、推しを好きということ」後編 - I READ THE NEWS TODAY, OH BOY

俳優おたく対談企画 vol.3 「究極の自己満足と、貢ぎの話」 - I READ THE NEWS TODAY, OH BOY

 

ふちりんさん(@fuchirin)と、ガチ恋について対談をする<前編> - I READ THE NEWS TODAY, OH BOY

ふちりんさん(@fuchirin)と、ガチ恋について対談をする<中編> - I READ THE NEWS TODAY, OH BOY

ふちりんさん(@fuchirin)と、ガチ恋について対談をする<後編> - I READ THE NEWS TODAY, OH BOY

 

卒論のためにジャニオタの友人にインタビューされてきた。<前編> - I READ THE NEWS TODAY, OH BOY

卒論のためにジャニオタの友人にインタビューされてきた。<後編> - I READ THE NEWS TODAY, OH BOY

 

<呼んでいただきました>

boomerang.hateblo.jp

 

プライバシーポリシー

 

当ブログではGoogle AdSenseによる広告サービスを利用しています。このような第三者配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を配信するため、当ブログや他のブログ、サイトへのアクセス情報DoubleClick Cookie(氏名、住所、メールアドレス、電話番号など個人を特定するものではない)を使用することがあります。第三者配信事業者に情報が使用されることを希望されない場合は、広告の管理やaboutads.infoにて、DoubleClick Cookieを無効にすることができます。

 

aboutads.info

Digital Advertising Alliance (DAA) Self-Regulatory Program | https://www.aboutads.info

 

広告の管理

https://www.google.com/settings/u/0/ads/authenticated

 

当ブログではGoogle Analyticsを利用して、アクセス解析を行うためにcookieを使用しております。Google Analyticsで集計したデータは、当ブログのアクセス解析や改良、改善のために使用させていただくものとします。なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。

Googleによるデータの使用に関してはPrivacy Policy – Privacy & Terms – Googleをご覧ください。

 

当ブログの全てのコンテンツには、可能な限り正確な情報を記載するよう努めておりますが、必ずしも正確性、信頼性を保証するものではありません。当ブログに記載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。本免責事項、および、当ブログのコンテンツは予告なしに変更、または削除することがあります。

 

<随時加筆修正します>

 

 

 

HERE HERE HERESというアイドルグループがいた

 僕です。あけましておめでとうございます。ブログの更新が二ヶ月も滞っており大変申し訳ありませんでした。二ヶ月の間何をしていたかというとマイナー乙女ゲームの同人誌を書いて売ったりメンズ地下アイドルに行ってヘラヘラしたりメンズ地下アイドルに行ってヘラヘラしたりメンズ地下アイドルに行ってヘラヘラしたりしていました。すみませんでした。

 メンズ地下アイドルに行ってヘラヘラしていた間のことを書こうと思います。

 

メンズアイドル・HERE HERE HERESメンバー募集 | THERE THERE THERES

ベルハーからゼアゼアまでカバー、メンズアイドル「HERE HERE HERES」メンバー募集(コメントあり) - 音楽ナタリー

 

 昨年9月に突如としてAqbiRec初のメンズ地下アイドル(1ヶ月限定)という謎の企画が解禁された時は正直「これは夢なんじゃないか」と思ったんですが未だに「全部夢だったんじゃないか」という感想しかない。というのも私は元BELLRING少女ハート柳沢あやのさんのファンでちょくちょく現場に顔を出したり(弾き語りソロアイドル・CLOCK&BOTANなど)していたのだがその際「何かの間違いでAqbiRecにメン地下ができねえかな~全通する~」などといった寝言をいっていたのでまさか自分の寝言が本当に現実になると思わず腰を抜かした。

 しかし12月のTHERE THERE THERES主催などでも一向に始動する気配はなく、その昔あったという噂の「カイちゃんバンド」始動するする詐欺(2年後くらいに生誕ライブでちゃんとやった)のようになるんじゃないかと私もAqbiRecメン地下という概念のことを忘れかけていたころ、突如としてメンバーが発表された。

 この時私は身内のオタクと「偽の碓氷真澄みたいなやつおらん?」とか言っていたがその偽の碓氷真澄が2日後に推しになっているという事実を厳粛に受け止めなければならない

 

 お披露目は12月29日のTHERE THERE THERES×せのしすたぁ企画(下北沢SHELTER)だった。サプライズお披露目だったのでヒアヒアのオタクにこれを見ている人は多分誰もいない。動画も残っていないのでマジでその場にいた人しか見ていない。ラストライブで祝い花を出す企画をやったときに札に「2018.12.29~」とか書いたが委員も有志も誰一人としてお披露目を見ていないのだ。

 きちんと予告されて初めてライブに出たのは12月31日のAQBI忘年会の(事実上)O.A.だった。 この時点で彼らの持ち歌はthe Edge of Goodbyeの一曲だけだったのでオタクに「どうせエッジやろ」と言われつつもその通りエッジをやって速やかにハケていった。

 ヒアヒアのメンバーは4人中3人がGRIMMPARADEという既存メンズ地下アイドルグループとの兼任(兼任なんだかレンタルなんだか真相は不明なのではっきりしていない)なので女オタがAQBI忘年会に来るんじゃないかとか言っていたが誰も来なかった。 あとGRIMMPARADEのオタクが「女アイドルの事務所に入るとかクソ」みたいに言っているツイートが面白いという理由でAQBIオタの間で拡散されてて面白いからもっとやり合えと僕は思っていた。

 話がそれるが僕は現在GRIMMPARADEが本現場になっている。本現場にしようと思ってしたわけではなく推しが当該グループに所属しているためである。

 サブカル的観点で解説するとGRIMMPARADEの前身になっているのはVampire Kissというグループであり、前身時代はcyberMINKがプロデュースに入っていたという歴史を持つ、メン地下界では比較的AQBIに近い位置にいると言えるかもしれないアレだ。

 あと、ベルハーと関係あるのかは全くもって不明だが、GRIMMPARADEも集合写真を撮るときに変顔をする。

 兼任している3/4ではない方の1人である唯一の素人枠、ゲンキくんというメンバーは緒倉かりんと柳沢あやのを足して2で割った感じのいかにも田中紘治好みっぽい外見だったためAQBIオタにやたら推されていた。

 初めて行われたHERE HERE HERESの物販ではメンズ地下アイドルの物販に女子ドルオタのおじさんが冷やかしで並んで過剰接触をするという面白光景が広げられており僕はバカウケした。

 で、1ヶ月限定活動なのにライブとライブの間が19日間空くという謎なことになったりもしていたのだが、(その間僕はめちゃくちゃGRIMMPARADEのオタクになって偽碓氷真澄に万札を巻き上げられていた)1月19日に新宿duesで対バンがあった。

 c.a.n.d.yとペリカン初披露。

 最後まで持ち歌はc.a.n.d.y、ペリカン、the Edge of Goodbyeの3曲だったため、上げ曲しかやることを許されないというヒアヒアの方向性がここで決定づけられていたような気がする(僕はただのオタクなので知らんけど)。ちなみに初披露の際は原曲キーでめちゃくちゃ苦しそうに歌われていた「ペリカン」はこの次のライブであっさりキーを落とされていた(多分)。 動画を見るとわかるのだが、これは決してディスる意図があるわけではなくベルハーを想起させるという意味の至上の褒め言葉として書くけれど歌が正しくやばい。そこには求めていたのはこれだ……!という感動がある。求めていたのはEDMをチャラチャラしながら踊るメン地下じゃなくて、どう考えても無理のある原キーでベルハー楽曲を歌うメン地下だったんだ!! ヒアヒア、最高!!(活動期間1ヶ月だけど)

 4回目のライブは池袋サイバーというV系バンドの限界対バンでしか使われているのを聞いたことがない箱で行われた。このライブに行っているときに暇なので無の時間にお題箱に答えていたら「池袋サイバーのトイレの個室で好きな人と友達がセックスしてる声を隣から聞きながらリストカットしたことがあります」という意味わからん投稿が来て真顔になった。

 動画を見るとわかるがヒアヒアのおまいつ的オタクは約10人前後で固定されておりこの時がその最たる例なのだが一部のオタクがめちゃくちゃ熱狂している謎の光景が繰り広げられていた。面白かった。 1月30日に「the Edge of Goodbye」エンドレス版が初披露され、その後のライブではやたらとエンドレスエッジをやることになる。

 個人的にはエンドレスエッジといえばBELLRING少女ハート活動休止前ラストワンマン「BABEL」ダブルアンコールでやったりなど割と大事な局面のときにやるものという認識が勝手にあったのだが、ヒアヒアではなぜかメンバー潰し的なノリで毎回行われており、観ていて愉快だった。(ベルハーのオタクが怒るんじゃないかと思っていたがそこまで真剣に何かを言っている人はおらず逆につらかった) また話がそれるが、AqbiRecアイドルは基本的に客を煽らない。「かかってこいよ!」とか言わないしフロアを煽ったりしない(そしてそこが良い)のだけど、ヒアヒアはものすごい勢いで客を煽っていた。(主にミソギが。)で、最初にめちゃくちゃ客を煽っているのを見た時は「ディレクター的にこれ良いんだろうか」と思ったりしたのだけど、その後もラストライブまでガンガンに客を煽り続けていたので、なぜヒアヒアにだけその例外が適用されたのかは謎である。

www.youtube.com

 

 2月3日の「超ギルガめっ!」でGRIMMPARADEと初対バン。

 ロック系のメンズ地下アイドルとして放牧系黒羊症候群-BLACKSHEEP SYNDROMEというグループが存在し、この日僕は久々に観たのだが、何か既視感あるな……と思っていたらツイッターで「神使轟く、激情の如く。みたい」と言っている人がいてめちゃくちゃ納得したという話もあるのだがこれは割と関係なく、HERE HERE HERESはあっさりと2月10日にラストライブを迎えた。

 もともと1ヶ月間限定という告知だったので、43日間にまで延命されたということが一種の奇跡でもあったのだけれど、

 正直に言うとHERE HERE HERESでもっといろんな曲を観たかったという気持ちがあり、解散してしまうには惜しいグループだったという気持ちが圧倒的にあり、最初からわかって追っかけていた分、悲しかった。 活動本体であるTHERE THERE THERESの解散が1月に発表され、ヒアヒアのオタクであった私も「メン地下なんかやっている場合だったのか」と思ったりはぶっちゃけした。正直メン地下をやっている場合ではなかったのでは?と思った。本体あっての弟分である。本体が解散する方がどちらかといえば私にとってもショックだった。

 話が冒頭に戻るけど、やっぱり解散した今HERE HERE HERESのことを思い返してみて、夢だったんじゃないかという気持ちになる。 というのもあまりにも色々と奇跡的かつ謎なグループだったので、1ヶ月強という活動期間の短さ、全6回というライブの少なさも相まって、いまいち現実味がないのだ。 しっかりと記録に残るならまだ見返して「あーあったんだな」と思えるけれど、現場にカメコがいなかったので写真も動画もあまり多くは残っておらず。ヒアヒアはオタクの記憶の中の存在と化してしまった。

 で、多分私はヒアヒアのオタクの中で、最も多くヒアヒアのライブを観た存在であることは間違いないので、そういうわけで日記を書いてみました。思い返す作業をしてみたはいいけれど、いまいち要領を得ないな。 ただ「イケメンがベルハー曲を調子っぱずれに歌って踊る」という妄想が1ヶ月間という短い期間とはいえ現実になったという事実に慄くことしかできないんですよね。このめちゃくちゃコアな妄想が現実になることあるのかよ、って思いますね。

 ラストライブで観たSELENE b2の景色、マジで忘れたくないな。といってもそのうち忘れていってしまうんだろうなと思うんですが(人間なので)。思い返してみると上げ曲だけをやってフロアをめちゃくちゃにして去っていくHERE HERE HERESは本当に1ヶ月限定アイドルにふさわしい疾風怒濤さだったな、とも思います。なんかあれで正しかったんだろうな。超好きでした。ばいばい。

 

 

勝手に生誕20周年記念 山野萌絵の100枚

 嘘です。100枚におさまらなかったので134枚になりました。キリ悪っ。でも1枚たりとも削れるものがなかった。

 この前21歳になりました。そんな感じなので人生で重要だった気がするCDを淡々とリストアップしていきたいと思います。非常ににわか丸出しで恥ずかしいラインナップとなっておりますがどれも大変好きなCDなので皆さん是非聴いてみてくださいね。

 

001.Alstroemeria Records - Circuit Breakers(2007)

002.Aphex Twin - Selected Ambient Works 85-92(1992)

003.Aphex Twin - Richard D.James Album(1996)

004.Aphex Twin - Come To Daddy EP(1997)

005.Aphex Twin - Windowlicker(1999)

006.BELLRING少女ハート - BedHead(2013)

007.BELLRING少女ハート - UNDO THE UNION(2014)

008.BELLRING少女ハート - 13WEEKS LATER EP(2015)

009.BELLRING少女ハート - BEYOND(2016)

010.BELLRING少女ハート - Spine EP(シングル, 2016)

011.BiS - Brand-new idol Society(2011)

012.BiS - IDOL is DEAD(2012)

013.Björk - Debut(1993)

014.Björk - Post(1995)

015.Cat Stevens - Tea For The Tillerman(1970)

016.Cocco - ブーゲンビリア(1997)

017.Depeche Mode - Songs of Faith and Devotion(1993)

018.EMPiRE - THE EMPiRE STRiKES START!!(2018)

019.King Crimson - クリムゾン・キングの宮殿 In the Court of the Crimson King(1969)

020.King Crimson - 太陽と戦慄 Larks' Tongues in Aspic(1973)

021.Kraftwerk - アウトバーン Autobahn(1974)

022.Kraftwerk - 人間解体 The Man Machine(1978)

023.Kraftwerk - コンピューターワールド Computer World(1981)

024.Kraftwerk - ツール・ド・フランス Tour de France Soundtracks(2003)

025.lyrical school - guidebook(2016)

026.Maison book girl - bath room(2015)

027.Memoryhouse - Soft Hate(2016)

028.MGMT - Oracular Spectacular(2009)

029.MIGMA SHELTER - ORBIT EP(2017)

030.minus(-) - o(2016)

031.My Bloody Valentine - Loveless(1991)

032.NEU! - NEU!(1972)

033.Pink Floyd - 原子心母 Atom Heart Mother(1970)

034.Pink Floyd - おせっかい Meddle(1971)

035.Pizzicato Five - OVERDOSE(1994)

036.Pizzicato Five - HAPPY END OF THE WORLD(1997)

037.Pizzicato Five - さ・え・ら ジャポン çà et là du japon(2001)

038.Queen - Sheer Heart Attack(1974)

039.RO-KYU-BU! - pure elements(2011)

040.RO-KYU-BU! - Dear friends(2013)

041.S-Connection featuring Anabelle - Disconnected(1995)

042.Sexy Zone - one Sexy Zone(2012)

043.Sexy Zone - Sexy Second(2014)

044.Superorganism - Superorganism(2018)

045.SPANK HAPPY - Computer House of Mode(2002)

046.SPANK HAPPY - Vendôme,la sick Kaiseki(2003)

047.t.A.T.u. - The Best(2006)

048.THERE THERE THERES - BRICKS(2018)

049.UNDER17 - 美少女ゲームソングに愛を!!(2003)

050.UNDER17 - 萌えソングをきわめるゾ!!(2004)

051.UNDER17 - そして伝説へ…(2004)

052.Yellow Magic Orchestra - イエロー・マジック・オーケストラ YELLOW MAGIC ORCHESTRA(1978)

053.Yellow Magic Orchestra - ソリッド・ステイト・サヴァイヴァ― SOLID STATE SURVIVOR(1979)

054.Yellow Magic Orchestra - 増殖 X∞MULTIPLIES(1980)

055.Yellow Magic Orchestra - BGM(1981)

056.Yellow Magic Orchestra - テクノデリック TECHNODELIC(1981)

057.Yellow Magic Orchestra - 浮気なぼくら NAUGHTY BOYS(1983)

058.Yellow Magic Orchestra - サーヴィス SERVICE(1983)

059.Yellow Magic Orchestra - アフター・サーヴィス AFTER SERVICE(1984

060.Yellow Magic Orchestra - テクノドン TECHNODON(1993)

061.Yellow Magic Orchestra - テクノドン・ライヴ TECHNODON LIVE(1993)

062.Yellow Magic Orchestra - ライヴ・アット・紀伊国屋ホール1978 LIVE AT KINOKUNI-YA HALL 1978(1993)

063.アーバンギャルド - メンタルヘルズ(2011)

064.天晴れ!原宿 - APPARE! WORLD(2016)

065.嵐 - How's it going?(2003)

066.嵐 - いざッ、Now(2004)

067.嵐 - One(2005)

068.いずこねこ - 最後の猫工場(2012)

069.上坂すみれ - ノーフューチャーバカンス(2018)

070.有頂天 - ピース(1983)

071.有頂天 - AISSLE(1987)

072.有頂天 - カラフルメリィが降った街(1990)

073.大森靖子 - 魔法が使えないなら死にたい(2012)

074.大森靖子 - 絶対少女(2013)

075.大森靖子 - TOKYO BLACK HOLE(2016)

076.大森靖子&THEピンクトカレフ - トカレフ(2015)

077.岡村靖幸 - 家庭教師(1990)

078.空手バカボン - ベスト(1990)

079.菊池成孔 feat.岩澤瞳 - 普通の恋(シングル, 2004)

080.筋肉少女帯 - 仏陀L(1988)

081.筋肉少女帯 - SISTER STRAWBERRY(1988)

082.筋肉少女帯 - レティクル座妄想(1994)

083.小島麻由美 - セシルのブルース(1995)

084.小島麻由美 - 愛のポルターガイスト(2003)

085.後藤まりこ - 299792458(2012)

086.後藤まりこ - こわれた箱にりなっくす(2014)

087.坂本龍一 - 音楽図鑑(1984

088.坂本龍一 - 未来派野郎(1986)

089.坂本龍一 - プレイング・ジ・オーケストラ(1988)

090.私立恵比寿中学 - エビクラシ―(2017)

091.人生 - SUBSTANCE Ⅲ(1992)

092.人生 - SUBSTANCE Ⅴ(1992)

093.人生 - 人生 ナゴムコレクション(2006)

094.仙波清彦とはにわオールスターズ - イン・コンサート(1991)

095.ぜんぶ君のせいだ。 - アニマあにむすPRDX(2016)

096.ぜんぶ君のせいだ。 - Egoistic Eat Issues(2017)

097.ぜんぶ君のせいだ。 - NEORDER NATION(2018)

098.相対性理論 - ハイファイ新書(2009)

099.相対性理論 - シンクロニシティーン(2010)

100.相対性理論 - 正しい相対性理論(2011)

101.相対性理論 - TOWN AGE(2013)

102.相対性理論 - 天声ジングル(2016)

103.チャクラ - さてこそ(1981)

104.電気グルーヴ - A(1997)

105.電気グルーヴ - VOXXX(2000)

106.電気グルーヴ - イルボン2000(2000)

107.電気グルーヴ - 人間と動物(2013)

108.戸川純 - 好き好き大好き(1985)

109.戸川純 - 20th Jun Togawa(2000)

110.戸川純ユニット - 極東慰安唱歌(1985)

111.はっぴいえんど - はっぴいえんど(1970)

112.はっぴいえんど - 風街ろまん(1971)

113.はっぴいえんど - HAPPY END(1973)

114.はにわちゃん - かなしばり(1984

115.フィロソフィーのダンス - Funky but Chic(with Bonus Track)(2016)

116.みんなのこどもちゃん - 壁のない世界(2018)

117.桃井はるこ - へんじがない、ただのしつれんのようだ。(2009)

118.桃井はるこ - しょうわ(2011)

119.ヤなことそっとミュート - BUBBLE(2017)

120.ヤなことそっとミュート - MIRRORS(2018)

121.矢野顕子 - JAPANESE GIRL(1976)

122.矢野顕子 - 峠のわが家(1986)

123.矢野顕子 - あそこのアッコちゃん(1989)

124.矢野顕子 - SUPER FOLK SONG(1992)

125.矢野顕子 - Oui Oui(1997)

126.ヤプーズ - ヤプーズ計画(1987)

127.ヤプーズ - 大天使のように(1988)

128.ヤプーズ - ダイヤルYを廻せ!(1991)

129.ヤプーズ - ヤプーズの不審な行動(1995)

130.ヤプーズ - CD-Y(2003)

131.惑星アブノーマル - 私は怒りでできている(2018)

132.・・・・・・・・(dotstokyo)- 『』(2018)

133.RICE on STAGE「ラブ米」第1膳~新米groove~(2017)

134.RICE on STAGE「ラブ米」第2膳~新米groove2~(2018)

 

 ではよき生活を。