I READ THE NEWS TODAY, OH BOY

舞台、俳優DD、サブカルかぶれ等

当ブログのご案内

 お越しいただきありがとうございます。特に有用な記事のないブログですが、暇つぶしにどうかお読みになって頂ければ幸いです。ブログタイトルの由来は、正確にはビートルズではなく矢野顕子さんの「SUPER FOLK SONG」冒頭より拝借しております。

 主な記事分類は、俳優、舞台、メンタルヘルス、その他カルチャーなど、カテゴリ分けを一応してありますので、ざっと見て頂ければと存じます。

 

・このブログについて

 中の人:めりぴょん (@13weekslater_ep) | Twitter

 俳優の横浜流星くんを2014年4月からたまに休みつつも遠くからぼんやり応援しています。2015年4月戦隊卒業。精神状態がよくない。

 DDなうえに浅学なので割とどうしようもない感じです。サブカルチャー、音楽、面白い映画、面白い舞台が好きです。基本的に暇です。

 更新不定期。 当ブログは基本的に怪文書のたぐいを掲載するコンテンツとなっています。

 

 Amazonの欲しいものリストへのリンクを設置しています。もし奇特な方がいらっしゃれば、何か送っていただけると非常に励みになりますので何卒よろしくお願い致します。

 Amazon.co.jp

 

 依頼、苦情などの連絡先:mail plus14yapoos@gmail.com またはめりぴょん (@13weekslater_ep) | Twitterまでお気軽にどぞ。

 スターなどから飛んできてくださった方へ:既読くらいの気持ちでよく星をいろんな記事につけているので、深い意味はありません(良い意味で)。いつも面白く読ませて頂いております。

 

 

スマートフォン向けカテゴリ別リンク>

若手俳優 - カテゴリー記事一覧 - I READ THE NEWS TODAY, OH BOY

戦隊 - カテゴリー記事一覧 - I READ THE NEWS TODAY, OH BOY

カルチャー - カテゴリー記事一覧 - I READ THE NEWS TODAY, OH BOY

舞台 - カテゴリー記事一覧 - I READ THE NEWS TODAY, OH BOY

小説 - カテゴリー記事一覧 - I READ THE NEWS TODAY, OH BOY

映画- カテゴリー記事一覧 - I READ THE NEWS TODAY, OH BOY

雑記 カテゴリーの記事一覧 - I READ THE NEWS TODAY, OH BOY

 

<対談シリーズ>

俳優おたく対談企画 vol.1 「2.5次元の対角上の、推しとその先」 前編 - I READ THE NEWS TODAY, OH BOY

俳優おたく対談企画 vol.1 「2.5次元の対角上の、推しとその先」 後編 - I READ THE NEWS TODAY, OH BOY

俳優おたく対談企画 vol.2 「アイドルステージの話と、推しを好きということ」前編 - I READ THE NEWS TODAY, OH BOY

俳優おたく対談企画 vol.2 「アイドルステージの話と、推しを好きということ」後編 - I READ THE NEWS TODAY, OH BOY

俳優おたく対談企画 vol.3 「究極の自己満足と、貢ぎの話」 - I READ THE NEWS TODAY, OH BOY

 

ふちりんさん(@fuchirin)と、ガチ恋について対談をする<前編> - I READ THE NEWS TODAY, OH BOY

ふちりんさん(@fuchirin)と、ガチ恋について対談をする<中編> - I READ THE NEWS TODAY, OH BOY

ふちりんさん(@fuchirin)と、ガチ恋について対談をする<後編> - I READ THE NEWS TODAY, OH BOY

 

卒論のためにジャニオタの友人にインタビューされてきた。<前編> - I READ THE NEWS TODAY, OH BOY

卒論のためにジャニオタの友人にインタビューされてきた。<後編> - I READ THE NEWS TODAY, OH BOY

 

<呼んでいただきました>

boomerang.hateblo.jp

 

プライバシーポリシー

 

当ブログではGoogle AdSenseによる広告サービスを利用しています。このような第三者配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を配信するため、当ブログや他のブログ、サイトへのアクセス情報DoubleClick Cookie(氏名、住所、メールアドレス、電話番号など個人を特定するものではない)を使用することがあります。第三者配信事業者に情報が使用されることを希望されない場合は、広告の管理やaboutads.infoにて、DoubleClick Cookieを無効にすることができます。

 

aboutads.info

Digital Advertising Alliance (DAA) Self-Regulatory Program | https://www.aboutads.info

 

広告の管理

https://www.google.com/settings/u/0/ads/authenticated

 

当ブログではGoogle Analyticsを利用して、アクセス解析を行うためにcookieを使用しております。Google Analyticsで集計したデータは、当ブログのアクセス解析や改良、改善のために使用させていただくものとします。なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。

Googleによるデータの使用に関してはPrivacy Policy – Privacy & Terms – Googleをご覧ください。

 

当ブログの全てのコンテンツには、可能な限り正確な情報を記載するよう努めておりますが、必ずしも正確性、信頼性を保証するものではありません。当ブログに記載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。本免責事項、および、当ブログのコンテンツは予告なしに変更、または削除することがあります。

 

<随時加筆修正します>

 

 

 

勝手に虚無リンピック 思い出し編

wagamama-otaku.hatenablog.com

 

 「戦刻ナイトブラッド」というヤバい舞台を共に駆け抜けたえりちゃまのブログが思わぬところでバズっていた。びっくりした。思い返してみれば俳優オタクになって早5年目、推しの舞台は高確率で虚無とよばれる類のそれであったように思う。といっても私の主観なので怒らないでほしい。そういうわけで今回はいままで推しを追ってきた中で遭遇した数々の虚無舞台のことを振り返っていきたいと思う。

 

舞台 スーパーダンガンロンパ2 希望の学園と絶望のなんちゃら(2015年12月/六本木ブルーシアター)

 3年前のことなのでもう正式名称さえ思い出せない。最近のブログを知ってくださった方の中にはご存じない方もいると思うので注釈するが私は横浜流星さんという戦隊俳優→舞台俳優→映像キラキラ俳優(今ここ)と言う謎の経緯をたどった人を約4年ほど推していた。今は急に意味不明なアーティストデビューを遂げるといった理由により現場からは距離をおいているのだが、「スーパーダンガンロンパ2」は横浜流星さんの主演舞台だった。

 これは虚無というよりも、私がただ単にダンガンロンパに対して「何かムカついた」という要素が一番大きいと思う。とにかく登場人物がみんな、銀魂にかぶれていたころの美術部女子中学生みたいなキモいハイテンション喋りをしていて舞台の幕が開くだけで気が滅入る。内容は、バトルロワイアルみたいな感じで学園の生徒たちが一人ずつ殺されて犯人捜しをするというものなのだけれど、最初に殺されるキモい料理人が死刑になる前の言い訳タイムがキモくて毎回不快だった。ちなみに「スーパーダンガンロンパ2」は2017年3月に再演されており、再演のほうはちょっと虚無度が減っていたが、料理人の言い訳タイムの長さは延びていて、何でだよ……と私は心の中でつぶやかざるを得なかった。

 何か本編にでてこないカムクラなんとかいう登場人物の話をして何らかの出来事を匂わせるのだが、その伏線は本編中では回収されない。最後に登場人物が5人だけ生き残って、「これから新しい世界で頑張ろう!」って感じで終わる。 え?死んだクラスメイトは?どうすんの?

 というわけで終始イライラしていた私は「ダンガンロンパ嫌いになったな……」と思いながら公演期間を終えた。 ちなみに、この公演は制作がトチ狂ったのか10日間連続3時間半公演マチソワというスケジュールが組まれており、私は風邪をひいて最後の2日間を干した。殺人? キャストがかわいそうだな、と思ったし、そのマチソワ間にブロマイドを1500円分買うともらえる特典ブロマイドのサインを延々書かされていた横浜流星さんは本当にかわいそうで泣けた。

 

舞台「闇狩人」(2016年5~6月/天王洲銀河劇場他)

 「闇狩人」は日テレ制作舞台である。 本家虚無リンピックでは舞台版里見八犬伝が見事にランクインしており、私は「なるほどね」と思わざるを得なかった。なぜならそう、里見八犬伝悪名高き日テレ舞台なのだ。個人名は出さないが日テレ舞台に通ったことのある人なら日テレに捕まってるなー……と思う俳優の人がいるであろう。

 高杉真宙さんが主演であったものの、里見八犬伝にあったような発展途上っぽい感じは見受けられず、けっこう客席のマナーは良かった。が、突然アン・ルイスを歌い始める鈴木勝大さん、急な横浜流星さんのベッドシーン、ベッドで突然けん玉をやり始める横浜流星さんなどの愉快なツッコミどころが満載でネタ的虚無舞台として最後まで楽しく観ることができた。

 とはいっても制作側はガタガタで、日テレ舞台といっても現場のことは全部下請けに丸投げしているので当たり前なのだけれど、「花出していいよ」という情報が初日3日前とかになって突然ツイッターでつぶやかれたり、劇中で悪の帝王みたいなキャラ(丸山敦史さん)が飛行機を墜落させてテロを起こす描写があるのだが、お祓いに行ってなかったのかお祓いも功を奏さなかったのか羽田空港での大韓航空機炎上事故に巻き込まれてキャストが東京→北九州を新幹線で移動したり、北九州公演では日テレ側は「花出していいよ」と言っているのに現地に着いてスタンド花禁止なことが判明して勝手にスタンド花がバラバラに解体されていたり、大阪初日がソワレ公演だけなのをいいことに前日入りして場当たりせず(そんなことある?!)当日朝にやってきて場当たりしていたりと、何ていうか闇狩人には世の中の悪よりも日テレを早く始末してほしいよな……と思っていたのでした。

 

舞台 バイオハザード ジ エクスペリエンス(2017年2月~3月/六本木ブルーシアター他)

 結果的に公演内容よりも篠田麻里子with松井珠理奈と男性キャストの合コンだけが話題になって終わったアレですが、そもそも舞台が発表されたのが公演1か月前という時点でもだいぶアレっぽかった。 内容もなかなかにハードで、木戸邑弥さんが突然ゲロを吐き始めたり(※レモンゼリーです)、噂によると公演期間中キャストの一人が体調不良で休んだところ全然違うおじさんが代役をしていたり、青柳塁斗さんは登場即ゾンビ化して苦しみのたうち回り客席でチェーンソー(本物)を振り回し前列の客をガソリン臭に包む、などのハードコアさ。 音楽とかは好きだったんですけどね。東幹久さんも出演していたのですがなぜか日曜日だけ休みで(飲食店の定休日かよ)、日曜日だけ話が微妙に違うという不思議な舞台でした。

 

 当ブログでは虚無舞台ができるだけこの世から少なくなっていくことを祈っています。

 

痴漢容認発言が話題なのでついでに「危ない1号」強姦特集を振り返りたい件

e-book-info.com

 

 超絶にSNSで話題になっていたので思わず新潮45 10月号を購入してしまいました。私は政治に詳しくないですし正直確固たる政治思想もないので、ブログに主張を書くほどでもないのですが、LGBTを容認するかどうかの件が突然痴漢はしていいのかしてよくないのかみたいな話題になっているのはかなりナゾでした。そういう政治的なことは一旦置いておくとして、新潮45という病院の待合室で老眼鏡かけたおじいちゃんが読んでいるような真剣な雑誌に「電車の中で女の匂いをかいだら痴漢をしてしまう男の苦しみを理解してやれよ」みたいなことがマジトーンで書かれているのがかなり電波丸出しで面白かったです。

 便乗商法も甚だしいですが、当ブログでは類似した内容として伝説の鬼畜ミニコミ「危ない1号」1巻の強姦特集を振り返り、文化人(?)の発言で急に訪れた鬼畜ブームリバイバルを歓迎したいと思います。

 ちなみに強姦も痴漢も犯罪なのでやめましょう。

 

f:id:plus14:20180919174440j:image

 

 

危ない1号 (Vol.1)

危ない1号 (Vol.1)

 

 

――まず、あなたにとって強姦とは? 

強姦魔:強姦はいつの時代でも、変わることのない男のロマンです。「力ずくで女をものにする」これこそ男の醍醐味というか、他にあれほど興奮をかき立て、生を実感する瞬間もないですよ。まあ、しょせん女にはこの喜びはわからないでしょうね。あいつらチンポないし。(笑)

ーーう~ん何と野太い言葉でしょう。スゴイですね~。罪の意識なんて全然ないんですね!

強姦魔:罪の意識で苦しむぐらいなら、初めから強姦なんてしませんよ。(笑)

ーーそれでは具体的に強姦魔さん自身の犯行についてお話を伺いたいと思います。

 一応、インタビュアーの人がちゃんと強姦魔に「強姦魔さん」と敬称をつけているのが面白いです。「強姦魔さん」って単語見たことあります?私はないです。

 ーーまず、場所の設定は?

強姦魔:暗い夜道がベストですね。それも周囲に人家のない、人も車もあまり通らない道路の空き地とか、連れ込みのできる場所が最適です。こちらから出かけるのではなく、アリジゴクの巣みたいに獲物が来るのを待つんですよ。

ーーその待ち時間が快感なんですね。「釣りバカ日誌」の気分ですか。獲物の好みは?

強姦魔:それはもちろんありますが、捜査の問題もあるのでここで発言するのはちょっと……

 一応捜査の目を気にしている強姦魔。

強姦魔:ただ言えるのは、スラックスでもデブでケツのでかいのは脱がすのに手間がかかるんで、手軽に狙うならスカートを履いた細めの女がいいということです。か弱い女でも暴れると凄い力を出すので油断ならないですよ。襲う時は、こっちも根性据えてかからないとね。

 そして地味に体育会系っぽい発言をする強姦魔。

ーー具体的にはどういう方法で襲うのですか?

強姦魔:女を押し倒すのには関節技が最高なんですが、声を出される場合もあるので、道を尋ねるフリをして女に近づき、アッパーカットの一撃で気絶させるという手もあります。基本的にはケースバイケースですね。ただ、握り拳で殴ると自分の手を痛めてしまうので、私は手を開いて相撲の張り手の要領で殴ります。

 こんなに最悪なケースバイケース、あんまり聞いたことないですね。女を殴るにはグーよりパーだそうです。覚えました。殴ることありませんけど。

 あとここから1ページくらい強姦の方法が具体的すぎるため、実際の強姦に応用されても困るので引用しません。普通に怖い。

注意:強姦は法律で禁じられています。捕まると二年以上の有期懲役となります。また、強姦は親告罪ですが、犯人が複数の場合や、相手に傷を負わせたり殺したりした場合は親告罪にはなりません。

 

 当ブログでは、法律を守った生活を送ることを推奨しています。