I READ THE NEWS TODAY, OH BOY

舞台、俳優DD、サブカルかぶれ等

当ブログのご案内

 お越しいただきありがとうございます。特に有用な記事のないブログですが、暇つぶしにどうかお読みになって頂ければ幸いです。ブログタイトルの由来は、正確にはビートルズではなく矢野顕子さんの「SUPER FOLK SONG」冒頭より拝借しております。

 主な記事分類は、俳優、舞台、メンタルヘルス、その他カルチャーなど、カテゴリ分けを一応してありますので、ざっと見て頂ければと存じます。

 

・このブログについて

 中の人:めりぴょん (@13weekslater_ep) | Twitter

 俳優の横浜流星くんを2014年4月からたまに休みつつも遠くからぼんやり応援しています。2015年4月戦隊卒業。精神状態がよくない。

 DDなうえに浅学なので割とどうしようもない感じです。サブカルチャー、音楽、面白い映画、面白い舞台が好きです。基本的に暇です。

 更新不定期。 当ブログは基本的に怪文書のたぐいを掲載するコンテンツとなっています。

 

 Amazonの欲しいものリストへのリンクを設置しています。もし奇特な方がいらっしゃれば、何か送っていただけると非常に励みになりますので何卒よろしくお願い致します。

 Amazon.co.jp

 

 依頼、苦情などの連絡先:mail plus14yapoos@gmail.com またはめりぴょん (@13weekslater_ep) | Twitterまでお気軽にどぞ。

 スターなどから飛んできてくださった方へ:既読くらいの気持ちでよく星をいろんな記事につけているので、深い意味はありません(良い意味で)。いつも面白く読ませて頂いております。

 

 

スマートフォン向けカテゴリ別リンク>

若手俳優 - カテゴリー記事一覧 - I READ THE NEWS TODAY, OH BOY

戦隊 - カテゴリー記事一覧 - I READ THE NEWS TODAY, OH BOY

カルチャー - カテゴリー記事一覧 - I READ THE NEWS TODAY, OH BOY

舞台 - カテゴリー記事一覧 - I READ THE NEWS TODAY, OH BOY

小説 - カテゴリー記事一覧 - I READ THE NEWS TODAY, OH BOY

映画- カテゴリー記事一覧 - I READ THE NEWS TODAY, OH BOY

雑記 カテゴリーの記事一覧 - I READ THE NEWS TODAY, OH BOY

 

<対談シリーズ>

俳優おたく対談企画 vol.1 「2.5次元の対角上の、推しとその先」 前編 - I READ THE NEWS TODAY, OH BOY

俳優おたく対談企画 vol.1 「2.5次元の対角上の、推しとその先」 後編 - I READ THE NEWS TODAY, OH BOY

俳優おたく対談企画 vol.2 「アイドルステージの話と、推しを好きということ」前編 - I READ THE NEWS TODAY, OH BOY

俳優おたく対談企画 vol.2 「アイドルステージの話と、推しを好きということ」後編 - I READ THE NEWS TODAY, OH BOY

俳優おたく対談企画 vol.3 「究極の自己満足と、貢ぎの話」 - I READ THE NEWS TODAY, OH BOY

 

ふちりんさん(@fuchirin)と、ガチ恋について対談をする<前編> - I READ THE NEWS TODAY, OH BOY

ふちりんさん(@fuchirin)と、ガチ恋について対談をする<中編> - I READ THE NEWS TODAY, OH BOY

ふちりんさん(@fuchirin)と、ガチ恋について対談をする<後編> - I READ THE NEWS TODAY, OH BOY

 

卒論のためにジャニオタの友人にインタビューされてきた。<前編> - I READ THE NEWS TODAY, OH BOY

卒論のためにジャニオタの友人にインタビューされてきた。<後編> - I READ THE NEWS TODAY, OH BOY

 

<呼んでいただきました>

boomerang.hateblo.jp

 

プライバシーポリシー

 

当ブログではGoogle AdSenseによる広告サービスを利用しています。このような第三者配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を配信するため、当ブログや他のブログ、サイトへのアクセス情報DoubleClick Cookie(氏名、住所、メールアドレス、電話番号など個人を特定するものではない)を使用することがあります。第三者配信事業者に情報が使用されることを希望されない場合は、広告の管理やaboutads.infoにて、DoubleClick Cookieを無効にすることができます。

 

aboutads.info

Digital Advertising Alliance (DAA) Self-Regulatory Program | https://www.aboutads.info

 

広告の管理

https://www.google.com/settings/u/0/ads/authenticated

 

当ブログではGoogle Analyticsを利用して、アクセス解析を行うためにcookieを使用しております。Google Analyticsで集計したデータは、当ブログのアクセス解析や改良、改善のために使用させていただくものとします。なお、cookieは個人を特定する情報を含まずに集計しております。

Googleによるデータの使用に関してはPrivacy Policy – Privacy & Terms – Googleをご覧ください。

 

当ブログの全てのコンテンツには、可能な限り正確な情報を記載するよう努めておりますが、必ずしも正確性、信頼性を保証するものではありません。当ブログに記載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。本免責事項、および、当ブログのコンテンツは予告なしに変更、または削除することがあります。

 

<随時加筆修正します>

 

 

 

ドイツ・フランクフルトに遠征したよ日記/後編

6月1日(金)

 力尽きて早くに寝てしまった私ですが、目が覚めるとなんか朝4時でした。4時て…。普段なら日本では私は朝4時に寝ているところなんですけど。起きてます。不思議です。新手の時差ボケです。ホテルの朝食が7時からなのでそれまでヨガとかやって部屋で過ごしていました。ヒマです。ヨガいいですよね。タオルあれば床でできるし。
 7時になったらガシャン…ガシャン…って音のする怖いエレベーターに乗り、のろのろとラウンジに向かい、ホテルの朝食を食べる。いろいろずらっと並んでいます。

f:id:plus14:20180604090915j:image
f:id:plus14:20180604090919j:image
f:id:plus14:20180604090910j:image

優しいホテルの人がコーヒーかお茶か聞いてくれるので、お茶……と答えたりしてボケーっとしながら食事をします。基本はパンにいろいろな種類のジャムを塗ったり野菜とチーズとハム類を挟んだりして各々食べてね~って感じのごはんです。私は朝からパンを食べるほど元気ではないのでヨーグルトにはちみつのペーストを入れて食べ、あとゆで卵に塩を振っていただきました。ゆで卵は世界のどこでも美味しいです。ヨーグルトも普通に美味しい。その後、朝食を食べて華麗に二度寝をしました…。薬を飲んで華麗に夢の世界へ…。

 そして起きると昼15時です。あっちゃーという気持ちです。タイムリープのように寝ていました、さすがに寝すぎな感じがします…。 この日は1日ヒマだったのでとりあえず夕方に駅へ。フランクフルト中央駅内にあるスタンドでホットドッグを買って食べました。

f:id:plus14:20180604091006j:image

めちゃくちゃ大きいです。日本比でリアルに2倍くらいあります。ビビります。直球勝負のソーセージでとても美味しい。テイクアウトして(英語で何で伝えたらいいかわからないので勝手にスタンドからホットドッグを持ち出しただけ)ホームにあるベンチに座ってもさもさと食べていたらいろんな人が行き交っていてなかなか愉快でした。フランクフルトには本当にいろいろな人種の人たちが暮らしていて、白人、黒人、黄色人種、何でもアリな感じです。中国人が多いので、日本人もまあそんなに浮かないかなと思います。
 駅の地下にはいろいろなお店が入居していて、ほとんど何でも揃う。中国系スーパー、バーガーキング、ドラッグストア、両替屋、等。コスメが気になっていたのでドラッグストア的なところに行きました。Rosemannというお店で、日本のサンドラッグ的な立ち位置(全然伝わりませんて…)。半分がドラッグストア、半分がスーパーで何でも揃います。

f:id:plus14:20180604091120j:image
 基本的にドイツは物価が高いんですが、ロレアルは日本より安いかもしれない。重いから大変なので買いませんでしたけど。免税もそうですけど、運ぶ労力考えたら日本で買うし…ってなるんですよね…。

f:id:plus14:20180604091141j:image
 Schwarzkopfのヘアオイル、essenceのマットリップ、あとなんか可愛いからリップオイルを買いました。ヘアオイルは日本のサイトで紹介されたりしてみたので買ってみたけどどーなんでしょう。液体のほうのマットリップは塗ってみたらめちゃくちゃ可愛くて好き!ってなりました!でもカラバリがなんか微妙でこの1本しか買わなかった悲しい。リップオイルはまだ使ってませんがやがて使うでしょう。 Rosemannでは本当になんでも揃うので、香水とかも欲しくなりましたがこれ以上香水を増やすと本当に一生かかっても使い切れないので自制しましたとさ。

f:id:plus14:20180604091236j:image
f:id:plus14:20180604091231j:image

 駅から歩いてシュテーデル美術館へ行きました。歩いて15分くらいかな? フランクフルトは暑いけど湿度はそんなに高くないので全然外を歩いていても苦じゃないです。でもめちゃくちゃ喉が渇くので水を爆飲みすることになります。道行くドイツ人もドイツ人じゃない人もみんな片手にでっかい水のペットボトルを持っています。どうやら1リットルのペットボトルを持って闊歩するのがデフォのようです。私もそれに倣って1リットルの水を持って終始フランクフルトの街をウロウロしていました。 ちなみにドイツで知り合った留学生の子が教えてくれたのですが、スーパー等でペットボトルを返却すると0.25?(30円)くれます。デポジットゆーやつだそうです。便利なシステムです。飲み終わったらペットボトルを返すと割引されるんですね。
 シュテーデル美術館では宗教画の展示をめちゃくちゃしていたので私は宗教画をグルグル見て回りました。モネとかマネとかフェルメールとかの絵も展示されているので見ごたえはあると思います。グルグルと宗教画を見てなんか疲れたので、カフェでジンジャーエールを頼んで飲みます。

f:id:plus14:20180604091302j:image

ジンジャーエール、美味しかったです。シュテーデル美術館は川辺に建てられているので景色がめちゃくちゃ良くて、川を見ながら飲むジンジャーエール、青春!サイコー!夏休み!って感じです。
 そして留学生の子がミュンヘンに帰っちゃうというので駅で見送ります。ドイツは朝5時くらいに日が昇ってから夜9時くらいまでずっと明るくて、いつホテルに帰っていいのかタイミングを見失う…。ありがたいですけどね、暗い中出歩くの怖いし。

f:id:plus14:20180604091326j:image
 散歩しました。ニュースでよく見る€マーク。父に送ったところいたく感動していました。日本を発つ前に父とお茶をしたのですがその際に私がアフタヌーンティーの菓子たちを「映えだわ」と言いながらバシバシ撮っていたところ、父は「映え」を習得したらしく、私に€マークについて「ばえだね」と送ってきました。 果たして€マークは映えなんでしょうか…。

f:id:plus14:20180604091413j:image
 ゲーテハウスの前も通りました。営業時間終わっていたけど。

f:id:plus14:20180604091441j:image
f:id:plus14:20180604091445j:image
f:id:plus14:20180604091436j:image
 デパートに行きました。一通りウロウロしましたけどデパ地下が一番楽しいです。サラミとサーモンのパックをそれぞれ買って、ビールを選びました。字が読めないので何味のビールなのかとか不明なんですが、まあどれ選んでもまずくはないだろう、と選んだビールに思いっきりICELANDICとか書いてあるのはまあ、気にしないです。日本で売ってないですし。ホテルに帰ってから飲みましたがとても美味しかったです(でも悪魔的に眠たくなってすぐ寝てしまった。なぜ…)

https://instagram.com/p/BjlRGqwnlvY/

デパートの帰りはvelotaxiという自転車タクシーに乗りました。心が弱いのでタクシーに乗りました。なんでタクシーかというと素直に歩くの疲れたのとSバーン(地下鉄)が工事で運休していて腰が抜けたからですね。なんでよりにもよって…。推しを追ってはじめての大阪遠征で御堂筋線が事故で止まっていたときの気持ちを思い出します。

velotaxiは乗っていてめちゃくちゃ楽しい!!こう、姫のような気持ちを味わえますので、是非ドイツに来られる方は乗ってみてください。デパートからホテルまでで10€(1300円)とかだったのでそんなに高くないし。普通のタクシーと同じくらい。
 そしてホテル帰ってビール飲んでさっさと寝ました。明け方にふたたび目を覚まし、深夜はヒマなのでテキトーにまたヨガやって推しに手紙を書いて朝食のヨーグルトを食べて寝ましたとさ。 
 


6月2日(土)

 時差ボケというよりもただ単に不眠症なのでよく深夜に目を覚ましてしまうんですが、ドイツだと深夜に目を覚ましてもうっかり外に行けないのがもどかしいですね。禁煙の部屋を取ったのでたばこ吸うためにはホテルの入り口まで出るんですが、なんかそれも怖いし。喫煙可の部屋ってあんまり無かったです。何でだろう? そんなこんなで深夜の私は部屋にかんづめになって壊れた冷蔵庫を見てボーゼンとしたり洗面台に水を張ってホストクラブ方式でビールを冷やしたりとかしていました。培った知識が役立ってよかったです。涙。

 起きて15時。またしても最早夕方。 
 20時から舞台挨拶なのでそれまでに会場に辿り着ければ何でもいいのですけど、とりあえずご飯を食べよう、と、早朝にたばこを吸いに外に出た時、向かいに公園があるのを発見し、公園じゃん!とベンチに座ってボケーっとしていたところ、たまたま発見した、という経緯の中華料理屋さんに行きました。ドイツまで来て中華って…。でも正直なところもうソーセージはいっぱい食べましたし、私はワンタンとか食べたいんですよ。助けてください。

f:id:plus14:20180604092217j:image
f:id:plus14:20180604092222j:image
 ホテル周辺の一帯にあるレストランやバーはどこもテラス席で食事ができるようになっていて、私もテラス席でワンタンを食べました。横をゴリゴリに路面電車が通過していく中でのワンタン、大変おいしゅうございました。こちら7€(910円)。ドイツ価格。

 舞台挨拶の会場はMAL SEH'N KINOという中心部からちょっと行ったところにあるのでのろのろと向かったのですが、なんと、地下鉄が全然来ない。いや昨日と違って運休してないだけマシかもしれないのですけれどそれにしても電車が全然順番通りに来ないのはどうかしてると思いますっ…(涙)。間に合わなさそうだったのでさっさと駅前行ってタクシー呼びました。悲しい。
 ちなみに今回の舞台挨拶、チケットはADticketというドイツのサイトで発売されていて日本からも普通に買えました。が、全然ドイツ語わからないのでうぐぎ…と言いながら買うことになりました。チケットは自宅で印刷したやつを現地でバーコード読み取りしてもらったら問題なく入れたので、もし今後何かありそーな方がいたら参考にしてくださいっ…。

f:id:plus14:20180604092304j:image
f:id:plus14:20180604092258j:image
 映画館は予想以上にのどかな雰囲気のところにありました。住宅街のような…。何も回りに無いのでとりあえず私は上映開始時間までたばこを吸ってボケーっとしていました。キャパシティは50あるかないかくらいのすごく小さな箱で、最前列だとめちゃくちゃ近い!近すぎてひっくり返るし推しがかっこよくてひっくり返った。やっぱ推ししかだなっ…。「青の帰り道」は今回のドイツ遠征で計2回観たんですが、全然飽きなくて私の大好きな映画になりました。本当はやく日本でも公開されてほしい~。冬に公開だそうです。あと推しのおたくして5年目なのに未だに話すときにキョドるのマジでうけませんか?うけない了解。

 舞台挨拶が終わると夜の11時で周辺は真っ暗。正直、駅周辺は人通りも多くて明るいので夜もそんなに(思っていたほど)怖くはないのですけど、住宅街みたいなところなのでシンプルに人がいなくて暗くて怖い。何もなくて暗いって一番怖くないですか?私はそっとタクシーを呼んだ…。

 日本を発つ前にmytaxiというアプリをインストールしたんですがめちゃくちゃ役に立ちました!これおすすめ。ドイツで流行ってるらしいです。電話番号認証して、クレカ番号を登録するともうタクシーが呼べて、2分とかで来るんです。行先もアプリに入力すればいいから英語できなくても大丈夫で、支払いもアプリに登録してるカードから引き落とされる。これめちゃくちゃいいです。マジでおすすめ。脳死しててもタクシー乗れる。

f:id:plus14:20180604092344j:image
 コンビニ的なところでお酒買って帰りました。ジャックダニエルジンジャーエール割りの缶があった!これ日本でも普通に飲みたい…めちゃくちゃ美味しかった。探せば日本でも売ってると思うんだけどどこにあるんだろう…飲みたい…これおすすめです。あとお題箱とかでおすすめ頂いてたりんごのワイン!これは日本に帰ってから飲みます。
 お酒飲んでツイキャスして寝ました(聞いてくれた方ありがとうございました)。舞台挨拶が全て終わったら突然日本に帰りたい気持ちに襲われ、家の布団で寝たい…雑炊が食べたい…という気持ちになってしまったのですが、これはよくあることなんでしょうか。ホームシックというか、日本シックみたいな…。


6月3日(日)

 朝10時起床。
 飛行機に乗るので起きないと絶対に死ぬのに無意識下に携帯のアラームを止めていて(眠すぎた)、日本から持ってきたCASIOの目覚まし時計によってやっと起きることができました。CASIOありがとう、おかげで帰国できました…。

f:id:plus14:20180604092416j:image
f:id:plus14:20180604092421j:image
 キャリーをごろごろ引いて駅へ向かいICEに乗る。ヨーロッパ版新幹線みたいな感じでしょうか。ポンコツなので在来線のチケットを買ってしまい、検札のお兄さんに「ここでチケット買います」って言ったのだけれど、次からは気を付けてねって言ってくれました。優しい…優しいけど、次はあるんでしょうか…。またドイツに来ることはあるんでしょうか…。ICEのチケットの買い方がわからないまま日本に帰ってきてしまいました。行く人がいたら是非調べてから乗り場に行ってください。私は全然わかんなかったです。本当はフランクフルト中央駅から空港まで20€くらい?らしい。
 荷物預けて出国手続きしてルフトハンザのセネターラウンジへ。 管理官のお兄さんに「ありがと~」と言われて和みました。私も「ダンケ~」と返しました。ドイツではどちらかといえばハロー!と話しかけられる機会が多かったように思います。お店に入るとだいたいハロー!メイアイヘルプユー?と声をかけてくれるし、タクシーに乗るときもとりあえず大きい声でハロー!って言えばいいみたいな風潮がある(そんな風潮はない)。だいたい何してもサンキュー!だし。

f:id:plus14:20180604092605j:image
 セネターラウンジでは軽くサラダとか食べて(カレーやパスタもありました。福祉~)ひたすらビール飲んでました…。昼間から…。でもこれから飛行機乗るんだしいいよね…まあ…。Franzishanerという銘柄が美味しくて好きでした。基本的に日本ではビール飲まないのにドイツでめちゃくちゃビールのこと好きになってしまった…困る…。日本でも積極的にドイツビールを飲もうと思いました。

f:id:plus14:20180604092633j:image
 お土産にイェーガーとボンベイサファイアの小瓶を買いました。小さくてめちゃくちゃ可愛いんです。免税でいらないものまで買って部屋がカオスパニックになるのが怖いのであまり買い物しませんでしたけど…でも小瓶はかわいいので買いました。他は買ってない。
 13:45フランクフルト発の便で日本へ。 さらっと早朝にウェブチェックインしたら、なんと座席の変更ができるようになってる!!ラッキー!!めちゃくちゃラッキーなのでビジネスとエコノミーの境目のところにしたら、足元が異常に広くて王の気分でした。

f:id:plus14:20180604092807j:image

飛行機が離陸するとき、なんかめちゃくちゃ寂しかったです。楽しかったからなあ~…。本当にドイツ楽しいしみんな優しいのでいい国だった!また機会があればゆっくりヨーロッパとか回りたいですね。

f:id:plus14:20180604092835j:image

 帰りの機内食のメニュー。昼食の次が朝食になっているのがあまりにも謎が深まるんですが、これはたぶん昼食はドイツ時間、朝食は日本時間に合わせているからなんでしょうね…多分ね。

f:id:plus14:20180604092852j:image
 鶏胸肉のフライとアラビアータソース、なるものを食べました。行きの親子丼で、コメはあんまりおいしくないと学んだ末の苦渋の決断です…。しかしこれがめちゃくちゃカロリー高くて胃がやられた…まあ、フライですからね。あとお寿司がついてきてました!お寿司!久しぶりのお寿司でシンプルにめちゃくちゃ嬉しかったです。

f:id:plus14:20180604093006j:image

これは朝食。なんか、イモとほうれん草のあえものみたいなやつとパンです。美味しかったですが全体的にぐちゃぐちゃしていてディストピア飯の気分を味わいました。

帰りの機内ではこのブログ書いたり刊行予定のミニコミの原稿やったりしながら「バリー・シール」「美しい星」「ブラック・スワン(途中まで)」を観ました。ルフトハンザ、映画のラインナップが充実しててすごい。バリー・シールはかなり面白かったです。ウザい義理の弟が死んだときはスカッとしたのにトムクルーズはそんなにスカッとしてないようでなんでだよ…ってなりました。美しい星は最後に世界観解説があるのかと思ったらずっと電波系で見てて不安な気持ちになりました。見たであろう亀梨和也ファンの気持ちやいかに…。

 

無事に日本に着けていまこのブログを書いています!

本当にちゃんと帰ってこられてよかったーーの気持ち!!日本語通じるのすごい!安心する!!ドイツ遠征、めちゃくちゃ楽しかったし一生の思い出になりました。物理的にめちゃくちゃ遠いし大変だけど、行っちゃえばなんとかなるので行くかもしれない方、楽しんでくださいっ。大体なんとかなった!!(これが旅行の総括かい、、)

 

おまけ

!グロいパッケージがでてきます!注意!

 

海外行くとたばこ可愛い〜ってなるタイプの人間なので1日1箱くらい買っていました。ドイツ、比較的喫煙者に優しくてレストランは全面禁煙だけどその代わり路上ではどこでも吸っていいらしい。だからみんなガンガン吸ってるし捨てまくってる。なんかドイツの人はみんな赤マル吸ってましたね。

値段は6-7€(780-910円)。めちゃめちゃ高い!!!ひっくり返る!!もっと色々買いたかったけどそもそもが高いのでみんなよく吸ってんなあって思いながら遠目に見てました。

というわけで可愛い(独断と偏見)たばこ〜

f:id:plus14:20180604094307j:image

物憂げな美少年がいる!!めちゃくちゃかわいい!!これ抑止力にならなくね?

 

f:id:plus14:20180604094408j:image

ダビドフブルー。これめちゃめちゃ吸いやすい!車椅子美少女もかわいい!!ドイツのたばこ、燃えるの遅い。日本で紙はメビウス吸ってるからなおさらそう思うのかも…。

あとダビドフゴールドも買ったけどゴールドはやや辛口めでした。でもちゃんと吸った感じするから飲んでるときに吸いたい!

まあ飲酒喫煙はほどほどに!です!(今回の旅それしかしてない…)

ドイツ・フランクフルトに遠征したよ日記/前編

 皆さんこんにちは!こんばんは!ぐーてんもるげん!

 ドイツに来ています。

 5月15日、たまたま自分の主催するイベントの前日であり、徹夜で配布する小冊子の原稿を仕上げてナチュラルに死にそーになりながらツイッターを見たところ、横浜流星さんの出る映画「青の帰り道」のワールドプレミアをドイツ・フランクフルトで開催される日本映画祭「ニッポン・コネクション」でやるという情報が流れてきて更に死にそーになり、それからなんやかんやあってドイツに来ました。→その「なんやかんや」を書く記事では?

 なんやかんやというのも、やはりドイツ・フランクフルトというのは遠すぎてあまりにも現実味がなく、夜行バスで行けるのかな?と思ったりして(→行けない)ひとしきりパニックに陥った後に、なぜか「ドイツに行くか…」という気持ちになり、舞台挨拶のチケットを読めないドイツ語と格闘しながら取って(徹夜明け)、航空券を調べ、しかもドイツに行く前日に東京で「虹色デイズ」の完成披露試写会だし、何もかもメチャクチャじゃん……と思いながらルフトハンザ航空、関西国際空港→フランクフルト空港行きのチケットを取りました。

 海外遠征としては昨年秋に上海に行っており(你好と謝謝しか言えないオタクが行く!1泊2日上海観劇紀行/前編 - I READ THE NEWS TODAY, OH BOY)、幸運にもパスポートを持っていたので発表から2週間強というとっても無理ゲーなスケジュールにもなんとかついていけたのですが、もしこれでパスポートを持っていなかったら、私はドイツにアレな旅券で不法入国していたことでしょう。そして強制送還…。本当にパスポート持っててよかったです。法令を遵守できました。推しが海外の映画祭に出そうな人とか、突然海外のジャパンエキスポ的な何かに出そうな人とか、本当にパスポートは取っておきましょうね…。

 父には「ドイツに行くんだ~」と言いました。「大丈夫か!」とかよりも先に「いいな~!俺も行きたいな~」と言われました。40代後半男性の発言としてはかなりシビれるライン上です。来る?と言いましたが「今サッカーやってないからいい」とのことでした。私はアホなので適当に航空券を予約していたのですが、マイル修行を昨年解脱した父は異様に飛行機に詳しく、「パスポート番号は登録したのか」「マイレージ番号は登録したのか」「チケットは印刷したのか」等聞かれて私はそれらを全部やっていなかったため、父はプロの手つきでANAマイレージ番号を登録するなどしてくれ、私は出発2週間前にしてちゃんと帰ってこられないんじゃ…という不安を抱くことになったのでした。 父は「あ~ちっとも英語わかんないな~」という私を尻目に、自分は行かないのにノリノリでフランクフルト空港にあるルフトハンザのセネターラウンジの画像を見て喜んだりしていました。父はよくアジア圏や北米に出張をするのですが、「荷物が出てくるの遅いのイヤだな~」と言って一昨年か昨年にANAJALの修行に励んでおり*1、そのおかげで特に何もしていない私も家族カードの発行でスターアライアンスゴールド会員になっているため、海外に行く注意よりも先に「ラウンジでカレーを食べなさい」と言ってきました。私の脳裏には、台湾にカレンダーの撮影のために行った際、カメラマンの付き添いでラウンジに行って飲茶を食べまくり、その飲茶を「台湾で一番美味しかった」と言っていた2推し・赤澤燈さんの顔が浮かんでいました…。

 

行く前の準備

 ドイツでは日本のコンセントが使えないようです。

 変換器を買いました。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B013OWDC9G/ref=oh_aui_detailpage_o00_s00?ie=UTF8&psc=1

 あと特別買ったものはそんなに無いです…。普段夜行バスとか乗りまくっていますからね…。首の枕(語彙力が、語彙力がぁぁ)とか、アイマスクとか、ヘアケア用品、パック、そんな感じですね。いつもと一緒です。

 パスポートは大事です。無いと不法入国ですし。服は現場用以外、帰りの荷物を減らすために現地で捨ててもいいっぽいギリギリのラインの服を選びました。

 それからコラーゲンとビタミンのサプリを頂いたので、時差ボケ等でめちゃくちゃになる肌をいたわるべく持っていきました…。ありがとうございます。鉄剤も持参です。無いと悲惨なんです。起きられなくて。 

ディアナチュラスタイルコラーゲン 60日分 360粒

ディアナチュラスタイルコラーゲン 60日分 360粒

 

  Wi-FiはグローバルWi-Fiで借りました。5日間、3G大容量プランで4000円強です。1日500MB使えてこれならかなり安いと思います。まー現地に着いてからなんかうまく接続されなくて泣きながら再起動しまくったんですけれども…。(ちゃんと直りました)

 借りてよかったものといえばグローバルWi-FiにセットでつけることができたBOSEノイズキャンセリングイヤホンがめちゃくちゃ良かったです。爆音の飛行機の中でも全ての騒音を無効化できるのでめちゃくちゃ寝ることができます。音楽も聴きとれます。サイコーです。本気で次に飛行機遠征する前に買おうと思ってます。サイコーだからです。今調べたら2万円もあれば良いモデルが買えるみたいですね…。めちゃくちゃ寝ることができる体験を2万円で買うと思えば安いですよホント。ノイズキャンセリングイヤホン考えた人は天才。 

 

5/31(木)

 今回の旅はそもそもスケジュールがめちゃくちゃ厳しくて、29日の夜から徹夜で虹色デイズの試写会引き換えに並び(バカ…?)、仮眠を取って30日に試写会を観て、30日の夜は田町のカプセルホテルに泊まり、31日に朝7時の飛行機で羽田から関空に向かう、という雰囲気だったのですが、雰囲気でなんとかなるだろうと思っていたら30日の日中はずっと死んでいました。眠くてつらかったです。

 もうドイツまで行くんだから虹色デイズの完成披露試写会は観なくてもいいんじゃないかとか一瞬思った時もあったんですがいや横浜流星さんが移動できるなら私も移動できるはずという謎の自信からメチャクチャなスケジュールを組んでしまいました。だいたいドイツで舞台挨拶するのに前日に日本で試写会の予定あるってどうなってるんですか。スターダスト。横浜くんもきっと「どうなってんだよ」と思いながら移動したと思います(知りませんが…)。

www.bay-hotel.jp

 寝ただけなので全然記憶にありませんが田町ベイホテルかなり綺麗だったのでおすすめです。品川や有楽町などで現場がある方は是非。ちなみに記憶の中でこの田町ベイホテルの下にあるローソンに寄った覚えがあるのですが、眠すぎてローソンで何をしたのか全然覚えていません。何なら徹夜した後に家に戻って仮眠をしてからどうやって丸の内ピカデリーまで辿り着いたのか全然覚えていません。怖い。寝ていないと人間の記憶は消える。怖い。

 取った飛行機が羽田→関空→フランクフルトというコースだったので、とりあえず羽田です。 エミレーツ航空でドバイ経由等の便のほうが安かったんですが、ドバイで2時間でトランジットするみたいなちょっと怪しい感じのスケジュールだったのでおとなしく関空経由にしました。ドバイに取り残されたら私は泣いてしまいます。関空→フランクフルト便だけ取って成田→関空LCCで行こうかとも思ったんですが、長距離路線のチケットを取る場合って一緒に国内線のチケットも取るとかなり安くなるというか、総額がそんなに大差ないんですよね。これ、航空券の不思議。

 羽田で荷物を預け、ANAのカウンターのお姉さん的には関空で荷物を載せ換えてくれるのでフランクフルトまでスルーできるとのこと。やったーラッキーって感じです。 チェックインして朝からANAラウンジでウイスキーを炭酸水で割り、勝手にハイボールを作って飲みながら「本当にドイツに行くのか……」と曖昧なことを考えていました。ちゃんと着くんだろうか…つーかそもそもドイツに入国できるんだろうか…とか考えていたらもう羽田を発つ時間でした。さよーなら東京…。

f:id:plus14:20180602124822j:image

 

 関空に朝8時半着。

f:id:plus14:20180602124812j:image

 

 予約していたWi-Fiを受け取り、出国手続きをして、免税店でなぜか1カートン2300円という天地鳴動的安さだったKENTのオプション5ミリを買い、関空内を移動する謎のモノレールに乗って搭乗口に向かいましたとさ。10時発の便です。サイレント早発していたのでビビりました。

f:id:plus14:20180602124833j:image

 行きも帰りもANAとルフトハンザのコードシェア便に乗ったのですけど、行きは機材等はルフトハンザのものでスタッフも外国人の方が多め。ヨーロッパに住んでいそうな人と日本人が半々の機内で、私はなぜか「ルフトハンザで行くイタリア・スイス・ドイツ周遊の旅」みたいなやつの大量の日本人ツアー客と一緒のエリアの座席でした。ルフトハンザの公式web経由で取った一番安いチケットだったので座席が選べず(羽田-関空スターアライアンスデスクに電話したら前方通路取ってくれたけどルフト機材便はムリだって)、隣が怖い人だったらどうしよっ…と思っていたのですが、滋賀在住の優しい老夫婦で、「滋賀なんですね! 飛び出し坊やが多いですよね!」とみうらじゅんのラジオでしか聞いたことがない知識を振ったら喜んでくれて本当に良かったなと思いました。そのあと寝ました。

 機内モニターの映画ラインナップには「バーフバリ」2作があり、よっしゃ観たろ!と思ったのですが(英語字幕しかないけど話大体わかった)、普通にめちゃくちゃ寝てしまいました。計8時間くらいは寝ていたと思います。機内食のときに老夫婦が起こしてくれてありがたかったです。ちなみに老夫婦からすると私は孫くらいの年齢だそうです。孫か…。チョコとかくれました。優しい。

f:id:plus14:20180602125113j:image

 こちら座席。LCCや夜行バスに慣れてるので人権ある~!と思いました。足伸ばせます。でも背高い人はきついのかも。枕があります。まあ私はめちゃくちゃ抱き枕にしていましたけど…。

f:id:plus14:20180602125223j:image

 あとブランケットがもらえました。これは地味にありがたい。ブランケットって寝るうえでかなり重要な要素なのに忘れられがちですからね。

f:id:plus14:20180602125233j:image

 そして食事のリスト。

f:id:plus14:20180602125320j:image

 音楽が聴けたのですが、日本の音楽プレイリストを開くとなぜか大々的に有安杏果上坂すみれの「アンチテーゼ・エスケープ」、ゆいかおりの「VIVIVID PARTY!」、上野優華「だって君のカノジョだもん。」、lyrical school「ラストソング」等、かなり痺れる選曲で圧倒されてしまいました。とここまで書いて気づきましたけどたぶんキングレコードが曲を提供しているんでしょう。それにしても他にもっとあったと思いますけど…1曲目から上坂すみれって。私は好きですけど。ルフトハンザの怪。

f:id:plus14:20180602131116j:image

 出発して3時間くらいで昼食です。 鮭とホタテの釜飯、とても美味しかったのですが、横にはパン、そして細うどんというまさかの炭水化物3連発でルフトハンザの怪を出発早々に感じることになりました。何も考えてない男子高校生の昼食みたいです。

f:id:plus14:20180602130504j:image

 軽食に鮭のおにぎり。普通においしかったです。

f:id:plus14:20180602130559j:image

 夕食は親子丼。とまたしてもパン。横にあるのは隣のおばあちゃんがくれた(けどちょっとしか食べなかった…)パスタです。炭水化物だらけで笑えてきます。昼食も軽食も食べたのでお腹いっぱいで結構残してしまいました。でも美味しかったです。

f:id:plus14:20180602130635j:image
f:id:plus14:20180602130640j:image

 15:15頃(現地時間)、無事にフランクフルト空港着。 時差があるので12時間飛行機に乗っていたのに実質5時間しか経っていなくてお得みたいな大変愉快なことが起きます。いいですね。あんまり時差ボケはしませんでした。機内で延々と寝ていたからですね。

 実はかなりギリギリのスケジュールを組んでいて、15時に着く飛行機を降りて空港から会場にタクシーで向かって16:45からの舞台挨拶を観なきゃいけない…という大変しんどいことになっていたのですが、スターアライアンスゴールドの良いところは荷物がものすごい速さで出てくるところです。入国審査では全然英語が喋れないのでJuneとJulyを間違えていつドイツから帰るのか不明な人になり、完全に死にましたけど入国審査官の人は笑って通してくれました。やったー! キャリーをかっぱらい、空港を出てタクシーに乗りましたとさ…。

f:id:plus14:20180602130720j:image

英語喋れないけどチケットの券面に書いてある住所を見せたらインド移民だという男性はオッケー!と高速をかっ飛ばしてくれました。いい人です。カレー好きだよって言ったら友達だね!と言われて握手しました。日本の国民食がカレーで本当に良かったです。タクシー代50€(チップ込み/6500円位)。インド人がかっ飛ばしてくれて舞台挨拶に余裕で間に合ったのでまー実質無料です。

www.mousonturm.de

 ワールドプレミアは空港から20km、タクシーで25分くらいのところにあるMousonturmという劇場での上映でした。

f:id:plus14:20180602130759j:image
f:id:plus14:20180602130804j:image
f:id:plus14:20180602130808j:image

到着するとかなり人が多い! 日本語をちょっと喋れる受付のお姉さんにキャリーケースを預かってもらい(優しい……。泣いた)念願のワールドプレミアでした! 最前列に座ったら推しが真後ろで映画を観ているみたいなあらぬアクシデントも発生したんですがめちゃくちゃ楽しかったです。質疑応答の時間もあり、現地の人がいろいろな切り口で監督と推しに質問をぶつけていて聞いていて楽しい気持ちになりました。司会の人が通訳も兼ねていたんですが、日本語ペラペラでほとんど全部の話の進行が理解できてすごい!天才!となっていました。楽しかった!!

 本当にドイツまで行ってよかったなと思いました。ワールドプレミアって1度きりですし、その瞬間に立ち会えてよかった。

 そして現地で友達ができました~。嬉しい!ずっとひとりで行動するものだと思っていたので。20歳の同い年で、埼玉からミュンヘンに留学しているんだそうです。ミュンヘンーフランクフルトは高速列車で3時間くらいらしいので東京ー大阪間くらいですかね。わかんないけど…。 吉沢亮さんがベルリン国際映画祭に来た時もベルリンに行ったらしく、その話とかいろいろ聞きました。なんでも日本からオタクは来ていたけど1人だったとか。1人かー…。ちなみに横浜くんのオタクも日本から来ているのは私しかおらず、1人かー…となっていました。でも現地の日本人学校に通う女の子たちにいっぱい囲まれていて、すごーい!世界のどこでもモテモテ!となった(単純)。

 その子に案内してもらい、フランクフルト中央駅のそばにあるホテルへチェックインしました。HOTEL TOPASってとこです。なんかレビューが結構良かった。3泊で1万7000円くらいで、かなり安い方なんじゃないかなと思います。

Hotel Topas (Deutschland Frankfurt am Main) - Booking.com

 ここのホテルのフロントのお姉さんはめちゃくちゃ親切で、私がデパ地下でご飯を買ったのにフォークを貰い忘れて「助けて~(泣)」と言ったらフォークを出してきてくれたりして、レビューにも書いてあるけどほんと親切だな~と思います。

f:id:plus14:20180602130846j:image

客室も綺麗。なんかサイバーなシャワールームがある。ユニットバスじゃないし!ユニットバスって日本だけなんですかね? シャンプーとか歯ブラシとかはないけどまあ持ってきているので問題なし。なくても近くに1€ショップがあるので買えますしね。でも到着した5月31日、スーパーとか全然あいてなくて、その留学生の子に聞いたらなんとドイツは祝日らしい…。ええ~。祝日はスーパー等もちゃんと休むそうです(ドイツ人、勤勉なイメージあるけど、サービス業も祝日ちゃんと休むってホワイトでは…)。雑貨屋さんとかたばこ屋さんは開いていた。

 留学生の子と一緒にフランクフルト中央駅内でご飯食べました。ご飯というか、軽く飲み。

f:id:plus14:20180602130919j:image
f:id:plus14:20180602130913j:image
f:id:plus14:20180602130924j:image

 ビール美味しかったです。日本のビールより美味しい気がする(土地補正)。でも本当めちゃくちゃ種類あって滞在中全然種類飲めないのが悔しいです。ていうか日本では私は基本的にビールは飲まないんですけど、ドイツだとワインかビールかの選択肢になってくるので必然的にビールを頼む…。さわやかで癖がなくて飲みやすいです。留学生の子が頼んでたビールも一口もらったけど(銘柄聞くの忘れた…)なんか燻製みたいな味がして美味しかった。まじで燻製でした。

 豚肉を揚げたやつと、ジャガイモのソースあえみたいなやつが一緒になったプレートを食べました。これが噂に聞くドイツには肉と芋しかないというやつか…という感じ。美味しかったです。

 フランクフルト中央駅内は、整然とホームが並んでいてその横にいろんなお店があるのですけれどそれがめちゃくちゃカッコイイので中二心をくすぐられる。思ってたよりも綺麗です。留学生の子いわくヨーロッパの中でもドイツはかなり綺麗らしい。マックとかスタバとかあって、地下にはスーパーもあるしなんでも揃います。普通に現地の人がめちゃくちゃ買い物してた。中国系のスーパーとかもあって、そこからはめちゃくちゃ上海でかいだことのある匂いがして上海だ…ってなりました…。

 日本から現金で持って行ったのは70€(9100円)なんですが、タクシー乗って水買ってたばこ買ったら即無くなりそうだったので、駅構内にあるATMでキャッシングして現金引き出しました。海外キャッシングめちゃくちゃ便利。日本国内では退廃オタクの象徴みたいに扱われているキャッシングですが、海外で使うと両替レートや手数料の関係でめちゃくちゃ得なのでクレカの海外キャッシング使える人は使ったほうがいいですよ。

f:id:plus14:20180602131052j:image

 こういうやつが駅構内にいっぱいあるので、カード突っ込んで、暗証番号を入れていくら要るか選択するともう現金出てきます。無敵状態。

 そもそもドイツは基本的にいろんなところでカードが使えるので、あんまり現金必要になる機会も少ないんですが、まあ暗証番号とかいちいち入力するのもめんどくさいなーと思う時があるし…。あとたまにカードのエラー出る。そうすると面倒なので現金を出して解決する。

 と、いうわけで留学生の子と解散してホテルに帰り、疲れ果てていたので速攻寝ました。起きたら朝4時とかでボーゼンとしたんですけど、続きは長くなったので分けて書きます。だんけしぇん!

*1:詳しいことは「マイル修行」等検索すると出てくるが、世の中には仕事で飛行機を使う際に優先搭乗や手荷物の優先運搬サービスを受けるべく、マイレージサービスの会員ランクを上げるために飛行機に乗りまくる人がおり、会員ランク上げのために飛行機に乗りまくる人を「修行僧」とよぶ。父は羽田―沖縄間を1日で往復するなどしていた。大変