読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

I READ THE NEWS TODAY, OH BOY

舞台、俳優DD、サブカルかぶれ等

恋について考える

今週のお題「恋バナ」

 

 f:id:plus14:20170124151318p:image

 

>アイドルや有名人への「恋」について書いてもOK!

はてな運営、確実に特定の層狙ってますやん。恥はねえのか恥は!確かにはてな村にはガチ恋がいっぱい住んでるけど。

 

と、いうわけで恋について考えてみる記事です。

私は現在、自分という檻の中に棲む「ガチ恋ちゃん」が一向に退去してくれなくて困っています。そのガチ恋ちゃんは檻に火をつけたり、檻の主である私を鬱に陥らせたりするので大変です。ガチ恋ちゃんはずっと昔から私の心の中に住んでいますが、私の精神健康状態がいい時にはいつもおとなしくしてくれています。問題は、私の状態が悪い時です。これはガチ恋ちゃんが暴れ出してさらに状態が悪くなるのでとても大変です。

私はガチ恋か、ガチ恋じゃないかで言うと、客観的にはお前はガチ恋だと言われる部類の人間だと思います。ですが、私にはあまりその自覚がありません。どちらかといえば、そういう持病だと思っています。……「甘酸っぱくて切ない」というより、私の心の中にある恋はドロドロして、酸は酸でも硫酸みたいになっています。触るな危険。失明するぞ。

ここで、私は「病的なガチ恋」と「病的ではないガチ恋」の区分分けをしたいと思います。つまり、健康に恋してる人たちは回れ右しろよ! ってことです。 推しに干された〜まあいっか〜アハハ〜ってなれる人とか、他のヲタクが自分よりいい思いしてる〜まあいっか〜アハハ〜ってなれる人は、今すぐこのページを閉じて外にランニングしに行ってください。

ファッションガチ恋」これは、もっとダメです。読者の方の中に、周りがガチ恋だから話を合わせるためにそう名乗っていますとか、なんかかっこいいからリアコって言ってますとか、そういう人はいませんか?今すぐやめましょう。ジャニヲタ時代、このような人たちを私は数多く見てきました。これらは、癌です。あと、「リアコではないことをやたらと誇りに思ってる人」これもダメです。ヲタクである時点でいつ自分がガチ恋に転落するかもわからないのに、小さいコミュニティの中でドヤっているのではありません。滑稽です。

私はガチ恋をこじらせすぎてしまい、とうとう今日主治医に真剣に入院を勧められるに至りました。最短で2週間、ネットは使えるけれど何もせずに休養したほうがいいとのことです。どちらかというと、ガチ恋よりもそれに端を発する鬱のように思いますが…。しかも入院ではなく「お休み」というお茶を濁した表現を使われたのがリアリティあります。

 

この3年間で、私にとって恋は楽しいものではなくなってしまいました。

恋するのはつらいです。正直、もう人のことを好きになれる自信がありません…。

最後の恋にしたいとよく人は言いますが、本当に最後であってほしいと願うときは、死が目の前にちらついているときかもしれません。

忘れられない過去の恋愛といえば、昔は人並みに恋愛していた頃もありました。高校生のときは別にイケメンではない彼氏と付き合っていました。1年で相手が鬱病になってしまい、別れました。たぶん、私の粘着質なところがダメなんです。推しはよく鬱病にならねえなあと思います。怖いです。元彼と付き合っていたときは、人並みにデートもしました。江ノ島に遊びに行ったりしました。オタ活を休んでいましたが、別れた途端「ヲタクに戻ろう」と思ってしまいました。今思えばこれが失敗だったように思います。

元担(嵐の二宮くん)を好きだったときは……これが不思議と、リアコではありませんでした。二宮くんは面白いしかっこいいしアイドル性があって好きだったけど、ある時、会ってもそんなにカタルシスは無いなと思ってしまったのです。苦労が感動に見合わないな、と感じてしまい、それ以降は興味を持てなくなってしまいました。どんなに頑張ってもどんなにボロボロになっても会いたいと思ったのは今の推しが初めてです。恋と、執念は違うものなのでしょうか? 残念ながら今の私にはその区別がつきません。今の私は、推しがマネージャー(おばさん)と笑顔で会話しているのを見ただけで、イライラして爪をベキッボキッ(流血)……。テレビ越しならまだ大丈夫です。私の目に装着されている非現実フィルターが正気を保たせてくれます。ですが推しが子役の女の子に撮影時に「かわいい」と連呼していたのをイベントで暴露されていたときには椅子を蹴って帰りました。友達に「すごい怖かった」と後から言われました。これからそういうことが増えて、もしかすると客席で医療用メスを取り出し静脈ぶっしゃーなことになりかねません。

普段からこんなに激しいわけではないので、どうやらこれらは私の中に棲んでいる激情!ガチ恋ちゃんの仕業ではないかと思っています。君はタレントなんだからそういうことやめてーー!!と、黒板を爪で引っ掻かれた時のように悲鳴を上げてしまいます。舞台スーパーダンガンロンパ2のブルーレイを「メイキングで山田菜々と抱き合っているらしい」という理由だけで返品しましたし。見たらまた爪ベキッボキッなことになりかねませんので。……生きづらい。 私が客席で手首を切っていても、見ないフリしてください。

推しを追えば追うほど、傷つくことが増えていくので、正直全然楽しくありません。いや、普段は楽しいですよ。でも、たまにくらうダメージがまじで痛いです。

最近推しが売れてきております。ここで「ファンとしての自分」と「激情!ガチ恋ちゃん」が猛烈に喧嘩を始めて、困っています。ファンとしての自分は、「あんなにお金かけたんだよ!売れてくれないと困るよ!それにこんなに好きな人が売れたら嬉しいでしょ!?」と、真っ当なことを言います。その横でガチ恋ちゃんは「でも〜売れてほしくないよ〜みんな好きになったら困る〜」と勢い良く駄々をこねまくっています。……そんな自分に振り回されて疲弊する私。こんなにつらいなら、もう死ぬしかないんじゃないか……と暗澹とした気持ちになる私。昔のことを思い出し、毎夜毎夜涙ぐんでいます。あの頃あげたプレゼント、まだ使ってくれてるんだね。あの日に出したお花は綺麗だったなぁ。あのとき乗った夜行バスの温度まだ覚えてるよ。等々、思考回路がどんどん暗い方に落ちていきます……。このままじゃダメなんですけど、止まらないです。悲しいことに。

友達が「近ければ近いほどリアコになりやすい」と言っていました。確かにそうだと思います。大声で言います。私がこうなったのは戦隊のせいです。Gロッソのあの距離で毎回毎回ガンガンにファンサもらってたので勘違いしてしまいました。うきゃー恥ずかしー!!! でも、でも勘違いするってえええ!! キュウレンジャー!!気をつけろよ!!

 

はぁ……やっぱり入院しようかな。その方が推しも安心するだろうし……。ははは。

みんなはガチ恋こじらせんなよ! 気をつけないと入院するぞ!